no title

1: ジャコビニ・チンナー彗星(ジパング) [JP] 2019/08/05(月) 06:28:42.38 ID:Yq3V5e030● BE:842343564-2BP(2000)
https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20190805_626208/

「知らないうちに自分の手足がなくなっていたら…」―今年5月、米オハイオ州の女性が感染症に罹り、四肢切断を余儀なくされた。
女性には意識を失った後の記憶が一切なく、病院のベッドの上で目覚めて初めて自分の身に起きたことを知った。『Inside Edition』『PEOPLE.com』などが伝えている。

オハイオ州スターク郡カントン在住のマシューさんとマリー・トレイナーさん夫妻は5月初旬、カリブ諸島での休暇を終えて帰宅し、2頭の飼い犬たちに大喜びで迎えられた。
しかし翌日の夜、マリーさんは背中の痛みや吐き気に襲われ「疲れもあるし、インフルエンザにでも罹ったのかしら」―そんなことを考えながら眠りに落ちた。

その夜、マリーさんは高熱にうなされて朦朧とし、早朝に地元のアライアンス・コミュニティ病院に緊急搬送された。

手や足の痛みを訴えながら意識が混濁した状態のマリーさんは、設備の整ったオールトマン病院に移されたもののすでに敗血症を起こしており、危険な状態が続いた。そして入院から2日後、マリーさんの容態は急変し自分で呼吸することさえできなくなってしまった。

医師により生命維持装置がつけられ人工的な昏睡状態に置かれたマリーさんはその後、多臓器不全に陥り、両手足がどす黒く変色し始めた。
マリーさんの家族はオールトマン病院の医師らから、手足は壊疽を起こしており四肢を一部切断しないと命の危険があることを伝えられた。

入院から10日後、病室で目を覚ましたマリーさんは自分がどこにいるのかも分からず、両腕の一部と両脚膝下が切断されていることに気付いて取り乱した。

医師らは血液検査の結果、マリーさんが犬や猫に噛まれたり引っ掻かれたりすることで感染する「カプノサイトファーガ感染症」を発症していたことを突き止めた。
マリーさんは細菌に感染したことで体内に多数の血栓が生じて血流が妨げられ、それによって手足が壊疽を起こしてしまったのだ。マリーさんの腕には小さな傷があり、犬の唾液がその傷に付着したことで感染した可能性が高いという。

うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元をご覧ください