no title

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/04(日) 23:33:03.313 ID:XXq4HfUWd
怖すぎワロタ

この送信所は、ほぼ1日中[注釈 1]、1分間に約21回から34回のペースで、短い単調なブザー音を繰り返し流し続けている[1][4]。

電波型式はSSBである[1]。また、ブザー音の合間にロシア語による音声メッセージが放送されることがある[1][5][4]。

この放送の目的は公には明らかにされておらず、様々な見解が唱えられている。
UVB-76
UVB-76とは、周波数4625kHzまたは6998kHzで、ロシア連邦(開始当時はソビエト社会主義共和国連邦)内の送信所から送信されている短波放送の名称である。その放送内容より、短波受信家などからは「ザ・ブザー(英語: The Buzzer)」という愛称が付けられている。
ブザー音は遅くとも1990年から放送されている。1982年の確認では2秒おきに短い電子音を繰り返し放送しており、1990年初頭ごろにブザー音へと切り替わった。2003年1月16日から音程が高くまた0.08秒長いブザー音に変更されていた時期があったが、2010年11月に元に戻されている。また、2010年6月までは、正時1分前になると、ブザー音が途切れのない連続音に切り替えられており、この連続音は、ブザー音が再開されるまでの1分間続けられていた。しかし、それ以降は途切れのない連続音は放送されなくなり、一定の周期(2秒おき)に変更されている。
2010年6月5日、切れ目なく放送を続けていたブザー音が突如停止したが、翌日には放送が再開された。


https://ja.wikipedia.org/wiki/UVB-76