875: 本当にあった怖い名無し 2019/08/12(月) 18:06:42.92 ID:zqSZ4dX/0
石じじいの話です。 

じじいの住む地方は、頻繁に台風がやって来ました。現在でも。 
台風の時に帰ってくる人たちがいたそうです。 
これは、いくつかの村がある山間部での出来事です。 
台風が来て、戸締りをして家の中で警戒していると、雨戸を叩く音がします。 
「ドンドンドン」 
「XXちゃん、わたしよ、おばあちゃんよ、帰ってきたい、はようあけてや」 
おばあちゃん、20年前に死んどるが。 
「あけてくれんと濡れてしまわい、あけてや、おみやげもこうてきたんで、おはぎもつくってきたい」 
死人が訪れて来た家の人は、絶対に入り口を開けなかったそうです。 
さらに、年によっては死人以外の人間?もやって来ました。 
「XXさん、役場からきたんよ、げんきでやっとるかな、ごはんたべよるかな、あつうなったなあ」 
台風の時に安否確認のために役場の人間がやってくることは、まあ、不自然では無いのですが、その人間?の話す内容がちぐはぐでおかしい。 
当然、村人たちは相手にしませんでした。 
まったく知らない人も来たそうです。 
「XXさん、おそうなってすまんかったな、拝みにきたい、今年は初盆やけん、お船流しに来んといけんで」 
その村のお寺の住職さんの声とは違う。 
台風が来ると、毎回、どこかの村のどこかの家に帰って来た(やって来た)そうです。 
夜、昼、関係なく来る。 
小一時間ほどでいなくなる者もいれば、数時間もねばる者もいたそうです。 
今年も、どこかに来るのでしょうか?