211: 本当にあった怖い名無し 2019/09/05(木) 02:45:34.07 ID:9nwHgHM40
先日思い立って登山用品を買いました。
無趣味も長年寝かせると極端に働くようです。
とは言え私が山に興味を持ったのは最近の事ではありません。
それはそれ、暫く胸に秘めておいたのですが。
以下は数年前、投稿用に書き貯めていたものです。


地元には標高の低いありふれた山があって、中腹には高台があって夜景を望める。アスファルトで舗装された広場はちょっとしたデートスポットになってる。
その脇の山頂に伸びる道には地肌が覗ける。

電波塔に用のある人間によって踏み均されたものらしく、まばらな地面は人通りの少ない証拠でもあった。学生時分の冒険心をくすぐるものだった。
友人Aと連れだって自転車で出発した。

彼をよく知る仲間の間では軽率(というかアホ)な男として周知されていたが、一方で沖縄人と米兵の間の子のようなハッキリした顔立ちをしていて女子人気が高い。精進言って妬ましい感情もある。なんであいつが。

元気いっぱいだった我々は自転車の重いペダルをまわして、程なく中腹のデートスポットに到着する。
適当な場所に駐車をし草木の茂った小道へ向かう。


やたら大きく錆びた銀色の柵は開いままで、その事は俺が事前に知ってた。
生命力に溢れた森、と言うよりは退廃的な雰囲気が漂ってた。季節は秋。枝や葉が散らかってる。
ただ人の棄てたゴミの類いは見当たらなかったと思う。


勾配は緩く一本道。
ズンズン進む間、俺達は軽口を叩きあってたが何を話したかは覚えてない。
せいぜい往復一時間と踏んで16時くらいに登り始めたんだけど、気が付くと辺りが暗くなってる。バカ丸出しだけど、引き返すという発想は無かった。


知らない人も居るだろうが街頭のない夜は本当に暗い!
木々で遮られて月明かりもない。曇りだったかもしれない。
ライトはなし。当時携帯なんて持ってないから枝を投げて音の具合を確かめて進んだ。