1: SQNY ★ 2019/09/13(金) 00:52:03.48 ID:CAP_USER
米国の愛国的な軍事ニュースポータル「We Are The Mighty」(我々は偉大なり)」は、世界最恐の特殊部隊トップ10を発表した。ランキングにはフランスの国家憲兵隊やロシアの特殊任務部隊「スペツナズ」も入った。

第10位 中国「雪豹突撃隊」
https://youtu.be/JHs2BxwqzU0

「雪豹突撃隊」は、2008年北京五輪の安全性確保のために編成された。
中国の「ユキヒョウ」が特に自信を持っているのは正確な狙撃力、過酷な環境でのサバイバル能力、隊員の自己犠牲的な勇敢さ。

第9位 英国海兵隊「特殊舟艇部隊(SBS)」
https://youtu.be/YfDJ9CopLuU

「特殊舟艇部隊(SBS)」は、米国海軍で言えば特殊部隊「ネイビーシールズ(Navy SEALs)」に相当する。SBSは第二次世界大戦の終焉間近に創設された。
入隊にこぎつけるのは容易なことではない。4週間にわたって体力の限界に挑む選抜試験では、最終ステージの40キロの急行軍までに出願者の90%が脱落していく。対テロ活動を主任務とし、ロンドンで行われたISIL(別名IS、ロシアでの表記は「ダーイシュ」)、タリバン、およびアルカイダ(いずれの組織もロシア連邦での活動は禁止)を殲滅する作戦に出動している。

第8位 ポーランド特別軍「JWグロム」
no title
「We Are The Mighty 」の記述によれば、JWグロムはソ連崩壊前夜の1990年、「ソ連に住むユダヤ人のイスラエルへの移住」のを助けた。同特殊部隊は厳格なメソッドで有名。当初は国内での作戦(テロリストからの人質救出など)に特化していたが、現在は海外での作戦にも参加。

第7位 パキスタン陸軍「SSG」 R8B4655
「We Are The Mighty」の引用の、ビジネス・ニュースサイト「ビジネスインサイダー」の記事によれば、「SSG」入隊には36マイル(約58キロ)を12時間以内に突破する急行軍と、フル装備で5マイル(8キロ)を20分以内に走る能力が必要。同特殊部隊の初陣は1965年のインド最北ジャンムー・カシミール州での作戦。同特殊部隊が関わった一番有名な作戦は、2007年のパキスタン・モスク立てこもり事件だ。

第6位 米国陸軍「デルタフォース」
https://youtu.be/59fL6ej_B-I

「デルタフォース」は第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊の通称。デルタフォース出動の大成功の作戦として「We Are The Mighty」が選んだのは、イラク共和国のサッダーム・フセイン元大統領を拘束した「赤い夜明け作戦」。

第5位 フランス「国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)」
no title
1994年12月、南仏マルセイユで、エッフェル塔破壊を目論んだ4人のテロリストによる「エールフランス8969便ハイジャック事件」は記憶に新しい。この事件で人質の乗客乗員218人の解放作戦を遂行したのがGIGNだ。

第4位 イスラエル国防軍「サイェレット・マトカル(第269部隊)」
Flickr - Israel Defense Forces - Sayeret Matkal
イスラエル国防軍・参謀本部の特殊部隊。1957年の創設以来、広範囲の偵察能力と、対テロ作戦、人質解放作戦の目覚ましい成功で名声を確立。
中でも有名なのが、1976年6月、エンデべ空港のエールフランス航空機ハイジャック事件での奇襲。テルアビブ発パリ行きAF139便ではサイェレット・マトカルによって人質106名のうち103名が解放。救出作戦では稀にみる成功例として知られる。