no title

1: アンドロメダ ★ 2019/09/13(金) 13:39:15.47 ID:CAP_USER
欧州宇宙機関(ESA)は今週、地球に小惑星が衝突することを回避するため対策会議を開く。
今後100年以内に地球衝突のリスクがある天体は900個近くあるという。

先月末は直径約160mの小惑星が地球にニアミス。
そして今週14日にも、直径951?2,133mほどの巨大岩石「2000 QW7」が地球に最接近する。

どんなに小さな天体でも、ひとたび地球に落下すれば「甚大な破滅」をもたらすだろう。
そこでESAは、小惑星に人工物をぶつけて軌道を変えるアメリカ航空宇宙局NASAの『DART実験』とも連携。
小惑星の地球衝突リスクを回避する取り組みについて議論することが決まっている。

「今後100年以内に地球衝突の可能性が”ゼロではない”小惑星について、全てカタログ化している。どれだけリスクが低くとも、衝突の可能性は排除できない」と述べるESA。
今後100年以内では878個の小惑星が地球に衝突するリスクがあるようだ。

ESAはさらに、来週にも緊急対策ワークショプを開催。
ドイツやスイス、アメリカ、国際連合宇宙局などの計6カ国の民間防衛機関を交えて討論を行う。

うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元をご覧ください
http://yurukuyaru.com/archives/80962800.html
https://www.express.co.uk/news/science/1176177/Asteroid-news-nasa-space-agency-earth-science-latest-missing-near-miss
https://metro.co.uk/2019/09/11/fears-deadly-asteroid-strike-scientists-lost-1900-near-earth-space-rocks-10722331/
https://www.ibtimes.com/earth-risk-after-astronomers-lose-track-900-asteroids-2825173
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-7451873/Almost-900-asteroids-risk-hitting-Earth-100-years.html
https://www.facebook.com/uniladmag/posts/6666757506680585