no title

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/07(土) 21:46:30.92 ID:CAP
過去には国会新聞社で編集次長を務め、お堅い政治からマニアックな民俗学まで、さまざまな分野に造詣深い作家、宇田川敬介氏。
現在、フリージャーナリストとしても活動する彼がこの度、東日本大震災の被災地で暮らす人々が体験したスピリチュアルな出来事を紹介する書、『震災後の不思議な話』(飛鳥新社)を上梓した。

怪談をテーマにしていることから、幽霊を中心としたオカルト本だと思われるかもしれないが、それは必ずしも正しくない。
本書では、大切な人を亡くしながら今もなお被災地で生きる人々を取材し、被災者が実際に体験した不思議な現象を現地に伝わる昔話や民間伝承に照らして、その意味するところを分析している。

選び抜かれた21の体験談は、ひとつひとつが不思議でありながらも、心に響く何かが感じられるのは、被災者の心の叫びがそれぞれの話に散りばめられているからだろう。
人々の思いが起こした奇跡の数々は、オカルト的にも、民俗学的にも興味深い内容となっている。


■助からなかった人々の思い

津波から逃れることができなかった人々はいかほどに無念だっただろう。
特に、自らも命を落とし、さらに子を救えなかった母の心情は察するにあまりあるものだ。その無念さを感じさせる話が、第二幕で紹介されている。

とある地区では高台に神社があり、地震が発生した場合は皆そこに避難することになっていた。
そして被災後、逃げ遅れた人にも場所がわかるように、交代で境内にたき火を絶やさないようにしていたのだが、そこで不思議な事が起きる。

「突然、若い女性が現れたのである。津波の翌日までどこにいたのか、すっかり濡れていた。
(中略)本堂から出てきた女性たちはタオルなどを持ってきて、その女性にかけた。
女性はいきなり泣き出すと、すぐに立ち上がった。『子供たちが……連れてきます』そのまま階段のほうに向かうのだ」(同書より)


そのまま女性は姿をくらませてしまった。見張り番の若い男が後を追うも、完全に見失ってしまったのである。
しかしその夜、彼女は再び現れたという。

「交代した見張り番が、腰を抜かすように本堂の中に入ってきた。
『あ、あの、昼の女性が……』『どうした』昼にお盆を持って飛び出した女性が声をかけた『子供を二人連れて来て……』それを聞いて女性が飛び出し、続いて本殿にいた者も、みな境内に出て行った。
(中略)階段を昇り切った所に、乳飲み子と三歳くらいの子供のご遺体が、きれいに並んで横たわっていたのである」(同書より)


見張りが言うには、女性が子供の手を引き、赤ん坊を抱いて石段を上がってきて、一礼したと思うと姿が消えてしまったということである。
子供だけでも助けたかった母の強い思いは、死してなお消えることがなかったのだろう。

この悲しい話は、宇田川氏がどうしても後世に伝えたいものであり、本書を書くきっかけとなったとも述べているものだ。
同じ悲劇を繰り返さないために今われわれに何ができるのか、あらためてそれを考えるきっかけにもなるのではないだろうか。

http://tocana.jp/2016/03/post_9279_entry.html