lgf01a201403290600
310: 3-1@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/10(火) 11:27:40.92 ID:my1MCSdO0.n
近所に、一人暮らしのおばあさんがいる。これは、おばあさんの娘さんから聞いたお話。
ご主人を亡くして以来、20年以上一人暮らしをしているおばあさんは、今年90才を超えた。
90才というと、実子にも孫がいる年代だ。子供たちは比較的近距離に住んでいるが、毎日通うには困難な距離だ。
兄弟が三人いるので、一日おきに交代でおばあさんの様子を見にくる。長年の畑仕事のおかげで足腰が丈夫だから、おばあさんは一人暮らしにも困らない。だが、最近、少しばかり忘れっぽくなった。
子供たちは、おばあさんが火の不始末で火事でも起こさないか、あるいは、悪質な訪問販売に金銭をだまし取られないか、そんなことを気にしていた。

ある時、みんな都合が悪くて、一週間ほどおばあさんの様子を見に行けないことがあった。一週間ぶりに長女が尋ねたとき、おばあさんはコタツに座ってうつむき、何かブツブツ言っていた。
そうか、そうか お前は元気だねぇ。 気を付けるんだよ。またおいで。
下を向いて、そう、誰かに話しかけていたのだ。
長女が青ざめたのは言うまでもない。一週間誰も来なかったせいで、一気にボケてしまったのではないか、そう思ったのだ。
だが、おばあさんの頭はしっかりしていた。訪れた長女を見ると、おばあさんはお茶を入れに台所に立った。
急須と湯呑を持って戻ってきたおばあさんは、いたずらっ子のような顔で長女に言ったという。
「あたしがボケたと思ったんだろう。ボケたりしていないよ。最近友達ができてね。毎日遊びに来てくれるんだよ」