1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/08(日) 16:46:18.98 ID:jnkzIj26a.n
中国、湖南省の貧民街に住むある家族は、生まれたばかりの息子に手術をしてもらえるよう、必死に助けを求めている。

ホンホンくんはもうすぐ生後4か月、先天的に手足に余分な指を持って生まれた多指症の子だ。
多指症は、1000人に一人の割合で発生すると言われる症状。手か足のいずれか1つに、指が1本か2本程度多いのが一般的だ。
ところがホンホンくんの場合は重篤で、手に15本、足には16本の指がある。また手にはそれぞれ掌が2つあり、親指がない。

ホンホンくんは手に15本、足に16本の指を持って生まれた。
それぞれの手に掌が2つ、右の手指が7本で左は8本だ。そして両方の足にそれぞれ8本の指がある。
ホンホンくんの母親も多指症で、手の指は12本、足にも12本の指がある。
母親は夫と、ホンホンくんをどう治療すべきか医学的なアドバイスを求めているところだそうだ。
多指(趾)症
多指(趾)症(たししょう)とは、手足の先天性の形状異常のひとつであり、指(足の場合は趾)が分離形成される段階で、1本の指(趾)が2本以上に分かれて形成される疾患のことである。結果として手足の指の数が6本以上となる。反対に、指の数が少ないのを欠指(趾)症という。手足の先天性異常では比較的多くの割合を占め、様々な症候群に合併する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/多指症