dark-4206362_640


この記事は過去の記事を再編集したものです。


164: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 00:25:56.80 ID:CvCNqXu40
怖いかどうかはわからんが。

俺が高校生の時の話。
当時俺は2階に自分の部屋を持ってた。高校生になって何となく親や弟と団欒するっていうのが面倒くさくなってたから1人で部屋にいてダラダラしてる事が多かった。

それで、俺の部屋には机のそばに若干大きめの窓が1つ付いててね、窓を開けて外を眺めつつ涼んだりしてたのね。
外を眺めたらちょい広めの道が見える。見えるって言っても街灯と街灯の丁度間になってて相当暗い。

で、ある時夜の11時ぐらいだったと思う。いきなり凄い赤ちゃんの泣き声が聞こえた。赤ちゃん特有の絶叫に近い泣き声。

165: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 00:26:30.77 ID:CvCNqXu40
何事かと思って開けてた窓の隙間から外を見てみたら、誰かが立ってる。

でもあることに気付いた瞬間ゾクッとした。凍りつくってホントにああいう事なんだって思う。

その人、赤ちゃんを抱っこしてるとかおんぶしてるとかじゃなかった。その”立っている誰か”が泣いてた。顔は手で覆ってて見えなかったけど、明らかに大人なのに声だけが赤ちゃんの絶叫だった。

166: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 00:27:17.47 ID:CvCNqXu40
ブワッと鳥肌がたって思わず
「うわっ!」
って声を出しちゃったのね。
そしたらピタッと泣き声が止まって、こっちを向いて、顔にあてていた腕をどかした。

ホントに気絶するかと思ったね。
バッチリ、目があってるんだ。明らかに気付かれてる。そして、ニヤッて、歯を全部見せて笑う感じのニヤつき方をしたように見えた。さらに凄い勢いで手を振ってくる。
「ヤバい!!」ってようやく本能で感じ取ったんだろうね。それまで凍ってた体がすぐに動いて窓を閉めてカーテンも閉めて、そばにあったテニスラケットと携帯を握りしめて布団に潜り込んだ。

その後、気が付いたら朝になってた。寝落ちしたんだと思う。
大学生になってその家からも県からも出ちゃったけど、たまに思い出す。その度に窓が閉まってるかを確認する。
お前らも気をつけろよ。

168: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 01:46:38.25 ID:6jTQvvVhO
オッチャンが立ちションベンしてて、その近くで
盛りのついたネコが鳴いてたんでしょ?
ほんで「わっ!」とかいう声が聞こえたんで振り返ったら
目があったんで、照れ笑いしながら
「おーい、黙っててくれよなー」ってつもりで手を振ったんでしょ?
なんかそんな感じがする話だけどなぁ…

173: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 08:19:00.75 ID:CmtAwaTp0
>>168
手で顔覆って泣きながら立小便するオッチャンとか
それはそれでなかなか奇怪な光景なんですがw
まあ猫の鳴き声を乳幼児の泣き声と誤認した先入観から
オッチャンが咽び泣いてるように見えただけなのかも知れんが

173: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 08:19:00.75 ID:CmtAwaTp0
それにしても>>166恐怖体験にとっさに手にしたのが
ラケット&携帯とか一体何の魔除けなんだ
魂魄をラケットで打ち返すのか

174: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 10:52:38.56 ID:Z17D89Ay0
>>166はテニヌの使い手と見た

170: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 02:03:20.66 ID:e9B8NkJvO
猫の喧嘩とか威嚇の鳴き声って本当に人間の赤ん坊そっくりだよな
夜中に凄い鳴き声聞こえて、捨て子かと思って慌てて家を飛び出した事あるわ俺

171: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 02:24:16.12 ID:6jTQvvVhO
>>170
そうそうw小さい頃ビックリして
おかーさん!赤ちゃんが殺されてる!って起こしに行って
怒られたヮw

172: 本当にあった怖い名無し 2018/01/03(水) 02:39:13.64 ID:e9B8NkJvO
>>171
子供に泣きつかれて母ちゃんがびっくりだろw
捨て子じゃないし赤ちゃん殺されてなくて良かったっつの(汗
しかし、幽霊の声かもしれない可能性もあるのか…
ちょっとこえーな




不安の種に似たようなエピソードがあった気がするモスな


ネコの声でも夜中に聞くと十分怖いです・・・


引用元: ・http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1513999642/