1f622f44
262: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/12(木) 20:53:42.67 ID:IfSCSujs0.n
友達に話しても怖ないって言われたからここに書く、読みにくいのはあしからず 

まず「因果」って信じてる? 
因果応報ってやつで信じる信じないの類でも無いと思うけど... 
俺の住む町では思わずそれを感じさせるような奇妙な話をよく耳にする。 
町自体が小さなコミュニティーで老人ばっかなので、土地柄なのかもしれないけど。 
今回はその出来事のうちのひとつで、幼い頃霊感があったという叔父の体験談から。 

もう40年近く前の話。母の実家の向かいに雑貨屋をひとりで営むおばちゃんが住んでた。 
母も、弟である叔父もそのおばちゃんにはよく面倒を見てもらっていたらしい。 
ある年の夏休み、叔父と近所の友人達が遊びから帰ってくると家の前に何やら人が集まっていて、父に事情を聞いたらそのおばちゃんがトイレで首を吊って自殺してしまったとか。 
どうやら以前からノイローゼ気味だったらしい。町会のおっさんが雑貨屋の店先で売っていたアイスを子供達に配ってくれたのが妙に印象に残っていると叔父は言ってた。 
おばちゃんが亡くなって翌年の夏のある日の夜、2階で窓を開けて寝てた叔父は急に金縛りにあった。 
初めて金縛りを経験した叔父は隣で寝る姉に必死に声をかけたらしいが全く起きる素振りもなく、窓の外になにか異変を感じる。 
窓は向かいの家に面しているが、布団で寝ている状態からは空しか見えない。恐る恐る目をやると、夜空に紛れて真っ黒な煙が轟々と空にあがっているのが見えた。 
向かいの家には新しい家族が越してきていたから火事かと思ったが臭くともなく、ただ身動きが取れないままその煙を見つめていた。すると煙の中からな白い物体が浮かびあがった。 
叔父はすぐにそれが人であると気付き、その顔が亡くなったおばちゃんである事も理解した。煙の中のおばちゃんは苦しそうな顔で叔父の事を見つめていたそうだ。