1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 12:59:46.46 ID:???0.net
日航機墜落事故から29年 慰霊登山
【NHK】 2014/08/12 12:09

520人が犠牲となった日航ジャンボ機の墜落事故から12日で29年となり、墜落現場の群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」では、遺族の人たちが慰霊登山に訪れています。

昭和60年8月12日、お盆の帰省客などを乗せた日本航空のジャンボ機が群馬県上野村の山中に墜落し、国内の航空機事故としては最も多い520人が犠牲になりました。

事故から29年となる12日、墜落現場の「御巣鷹の尾根」には、朝早くから遺族の人たちが慰霊登山に訪れ、亡くなった人の墓標に花や線香などを供えました。

また、慰霊碑、「昇魂の碑」の前では、アコーディオンの演奏のなか、鐘を鳴らして犠牲者を追悼しました。

当時、29歳だった夫を亡くした大阪・豊中市の58歳の女性は、「事故当時、私のおなかの中にいた息子が来年1月には、夫が亡くなった年齢になるとは信じられません。事故のことをもっと伝えていきたいです」と話していました。

また、当時43歳だった父を亡くした北海道の43歳の女性は、「父が亡くなったのと同じ年齢になり、若くして亡くなった父の無念さが改めて伝わってきました。事故のない安全な社会を願っています」と話していました。

午後6時からは、現場近くの「慰霊の園」で、追悼慰霊式が開かれ、墜落時刻の午後6時56分に合わせて黙とうをささげ、空の安全を祈ることになっています。

ソースに動画があります。

ソース: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140812/k10013749061000.html

K10037490611_1408121208_1408121233_01


関連スレッド:
【社会】群馬県警の警察学校生徒ら、日航機墜落現場で清掃活動...事故から29年、慰霊登山前に [14/08/07]
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407384465/
【社会】日航機墜落事故から29年…ボイスレコーダーの詳細な解析で「新事実」が判明★4
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407754810/
日本航空123便墜落事故
日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した航空事故である。
運輸省航空事故調査委員会による事故調査報告書[1]によると、乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、生存者(負傷者)は4名であった。死者数は日本国内で発生した航空機事故では2014年4月の時点で最多であり、単独機の航空事故でも世界最多である。
夕方のラッシュ時とお盆の帰省ラッシュが重なったことなどにより、著名人を含む多くの犠牲者を出し、社会全体に大きな衝撃を与えた。特にこの事故を指して『日航機墜落事故』『日航ジャンボ機墜落事故』と呼ばれることもある。


http://ja.wikipedia.org/wiki/日本航空123便墜落事故