japan-3460431_640


この記事は過去の記事を再編集したものです。


1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:07:39 ID:D1N
ババア汁(かちかち山)
牛のウンコ(さるかに合戦)

あと一つ教えてクレメンス

かちかち山

かちかち山は、老婆を残虐に殺したタヌキを、老爺に代わってウサギが成敗する日本の民話。

昔ある所に畑を耕して生活している老夫婦がいた。
老夫婦の畑には毎日、性悪なタヌキがやってきて不作を望むような囃子歌を歌う上に、せっかくまいた種や芋をほじくり返して食べてしまっていた。業を煮やした翁はやっとのことで罠でタヌキを捕まえる。

翁は、媼(おうな)に狸汁にするように言って畑仕事に向かった。
タヌキは「もう悪さはしない、家事を手伝う」と言って媼を騙し、縄を解かせて自由になるとそのまま媼を杵で撲殺し、その上で媼の肉を鍋に入れて煮込み、「婆汁」(ばぁ汁)を作る。

そしてタヌキは媼に化けると、帰ってきた翁にタヌキ汁と称して婆汁を食べさせ、それを見届けると、「婆汁食べた、婆汁食べた!流しの下の、骨を見ろ!」嘲り笑って山に帰った。翁は追いかけたがタヌキに逃げられてしまった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/かちかち山
Rabbit's Triumph - climax of the Kachi-kachi Yama.markings of Ogata Gekko.detail - image for k-k y article.version 1.wittig collection - painting 22

さるかに合戦

さるかに合戦は、日本の民話の一つ。
ずる賢い猿が蟹を騙して殺害し、殺された蟹の子供達に仕返しされるという話である。

あらすじは同様だが、題名や登場するキャラクター、細部の内容などに差がある話が各地に伝わっている。 たとえば関西地域では油が登場する。1887年の教科書に掲載された『さるかに合戦』では、クリではなく卵が登場し、爆発することでサルを攻撃するほか、牛糞の代わりに昆布が仲間に加わってサルを滑り転ばせる役割を果たしている。他にも、蜂の代わりに針が登場する地方もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/さるかに合戦
Japanese Fairy Book - Ozaki - P203

2: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:08:56 ID:mdB
ババア汁消されたん?

残当

3: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:10:34 ID:HdG
児童向けにはえぐすぎるよな

8: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:12:27 ID:HdG
さるかに合戦の潰れたカニから子どもがでてくるの酷すぎるわ

10: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:16:25 ID:ehf
桃太郎かね、

9: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:13:14 ID:7s2
瓜子姫惨殺ルートとかいう誰も幸せにならない悲劇

うりこひめ

瓜から生まれた瓜子姫が主人公の日本民話。 桃太郎のように、植物から生まれた人物が活躍する民話の一つである。日本全国に広く分布しており、話の展開が地方によって異なる。

話の詳細は地方によって様々であり、東日本では姫が死んでしまうという結末になっているものが多い。
言葉巧みに柿の木に上らされ墜落死するという筋のものや、ただ殺されるのみならず
剥いだ生皮を天邪鬼がかぶり、着物を着て姫に成りすまし老夫婦に姫の肉を料理して食わせるといった陰惨な話も伝えられる

西日本では対照的に、木から吊るされたり降りられなくなっているだけで死んではおらず、助けられるという話になっていることが多い。天邪鬼の目的も単なるいたずらから、姫に成り代わり輿入れを図るなど様々である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/うりこひめとあまのじゃく

11: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:16:41 ID:fIu
花咲か爺さんに出てくる意地悪爺さん打ち首



15: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:33:09 ID:yYF
花咲じじいでよくばりじいさんが打ち首になるくだり

12: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:17:20 ID:iVL
浦島太郎の鶴

浦島太郎

室町以降の『御伽草子』系の一部に浦島説話の変形版があり、以下のように結末を結ぶ。

太郎は鶴になり蓬莱山へ向かって飛び去った。同時に乙姫も亀になって蓬莱山へ向かった。丹後では太郎と乙姫は夫婦の明神となって祀られた。

一説に、ここから「亀は万年の齢を経、鶴は千代をや重ぬらん」と謡う能楽『鶴亀』などに受け継がれ、さらに、鶴亀を縁起物とする習俗がひろがったとする。
https://ja.wikipedia.org/wiki/浦島太郎

13: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:17:36 ID:7s2
『おむすびころりん』のよくばりじいさん血塗れルート
なお土竜になったりもする模様

おむすびころりん

おむすびころりんの話は様々なバリエーションが存在する。
中にはねずみが浄土の明かりを消してしまったために、そのままおじいさんの行方が知れなくなった話(このようなバージョンが存在するのは、今日みられる暴力的表現を排斥しようとする運動の影響が強い)やそのままおじいさんがねずみもち(もぐら)となった話などがみられる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/おむすびころりん

14: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:22:11 ID:yYF
浦島太郎の竜宮城での遊蕩三昧の詳細

浦島太郎

竜宮城に行ってからの浦島太郎の行状は、子供に伝えるにふさわしくない「結婚生活」の内容が含まれているので、童話においてはこの部分は改変(もしくは省略)された。『丹後国風土記』の島子伝などでは乙姫との官能的な性生活の描写がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/浦島太郎

17: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:39:34 ID:66h
改変じゃないけど、安寿と厨子王で
厨子王が母上を見つけてからの山椒大夫の処遇はよくカットされてるな

安寿と厨子王丸

安寿と厨子王丸は日本の童話。『安寿と厨子王』とも言う。悲劇的な運命にもてあそばれる姉と弟を描く。

津軽地方の山岳信仰の対象である岩木山には「山椒大夫」(安寿と厨子王丸)に登場する安寿が祀られている。

説教節では安寿は拷問によって非業の死を遂げるが、彼女を酷使し殺害した山椒大夫・山岡太夫らはいずれも丹後国の者であったため、弘前藩領に丹後の人間が入ると安寿の怨霊によって災害が起こって人々を苦しめるとされた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/安寿と厨子王丸

18: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:39:48 ID:SLX
シンデレラも義姉と継母がガラスの靴に足突っ込もうと必死になって出血したり王子と結婚した後義姉の目玉を鳩がつついて失明したりってくだり無くなっとるよな
「結婚して幸せに暮らしました。 いじわるなねえさんたちは鳩に目玉をつつかれて目が見えなくなってしまいました。めでたしめでたし」みたいなので戦慄したわ

シンデレラ

シンデレラは、童話の一つ。また、その主人公。和名は『灰かぶり姫』あるいは『灰かぶり』。

グリムによる『灰かぶり姫』
物語の終わり、シンデレラの結婚式で姉2人はへつらって両脇に座るが、シンデレラの両肩に止まった白鳩に両目ともくり貫かれ失明する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/シンデレラ
Gustave dore cendrillon4

19: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:49:18 ID:D1N
>>18
西欧の昔話入れるとエグいの山ほど出てくるから
スレタイ日本限定にしといたんやで

シンデレラとか三匹の子豚とかエグいからな

20: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:49:50 ID:SLX
>>19
日本限定って縛りやったんかすまんな

21: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:53:24 ID:D1N
>>20
ええんやで

5: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:11:09 ID:yYF
32 名前:VIPがお送りします 投稿日:2013/10/04(金) 12:41:41.53 ID:d/BwsGXq0
小学校の学芸会で、役を増やすためか知らんが
ゴンが何匹もの兄弟ギツネに変更されていた

一匹が撃たれた後で、逃げ惑う残りのキツネたちを
兵十が次々と撃ち殺していくクライマックスは
恐ろしいバイオレンスに満ちていた


6: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:11:33 ID:6Az


引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1493968059/