108: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/25 21:02
長崎にあるホテルの話。
実在するので名前は伏せておきます。

ある福岡にすむ男友達5人がバイクで長崎まで旅行に行った。
日帰りで帰るつもりだったのが、帰りが遅くなったので一泊しようということになり、その長崎●●ホテルに泊まった。
シングル5部屋をそれぞれ借りたのだが、Aくんは601号であった。

Aくんが夜寝ていると窓が開いていてカーテンがバサバサとゆれている。
耳障りだったので窓を閉め、また眠りについた。
しばらくするとまたバサバサと音がする。
閉めたはずなのに、寝ぼけてたのかなと思い、また窓を閉めた。
するとまたカーテンがバサバサとなり、窓が開いている。

気味が悪くなったAくんは一緒のホテルに泊まっている友達に電話をした。
しかし友達は笑ってとりあってもらえない。

「いわくつきのホテルには、壁にかかっている絵の裏にお札が貼ってあるらしいぜ~」
Aくんはベットの頭元にかかっている絵を恐る恐る裏返したがそこには何もなかった。

110: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/25 21:02
その夜Aくんは部屋の電気をすべてつけ、バサバサという音に悩まされながら一夜を過ごした。
次の朝、友達4人を部屋に呼んで昨夜の不可解な出来事を話し、みんなで部屋を調べはじめた。
そこで友達4人はAくんの話が嘘ではないことを知った。

確かに絵の裏には何もなかった。
だが、ベッドの下、一人用のソファーの下、見えない場所のいたるところにお札がベタベタベタベタベタベタベタベタと貼ってあったのだ。
40枚弱はあったとのこと。

5人はそのまま転げるようにホテルを出、福岡に戻った。
ホテルの人には何もいわなかったから601号はそのままだろう。
行ってみたら怖い経験ができるはずだと彼は話すが、その部屋に一人で泊まる勇気は私にはない。

459: 蓮池 03/05/28 05:19
今から皆さんにお話する話は私と妻がまだ20代の頃の事。
あれから十数年口にする事を恐れ、一切語られなかった鮮烈な恐怖体験を告白します。

1990年8月、当時妻と私は今で言うフリーター生活をしており、金を貯めては旅行をするという随分気ままな生活をしておりました。
その日は兼ねてから楽しみにしていた関西名所巡りの道中で、勿論至って楽しく時間が過ぎ、日も暮れ、予約してあった旅館に到着しました。
旅館は屋外に雑木林が広がるとても感じの良い旅館で、私達は二階の東側の部屋に泊まる事になりました。

460: 蓮池 03/05/28 05:21
私達はしばらく雑談した後風呂に入り、浴衣に着替え夕飯を頂きなどし、その後は自室でテレビなどを見ておりました。
そのうちに夜もふけ、旅行初日と言うこともありどちらからともなく、愛を確かめ合う事になりました。
電気を消し、窓を網戸にし、布団の周りの準備を済ませなどすると互いに交わりやがて事は済みました。

さてここまでは何も問題なく過ごしていたのですが、恐怖は網戸越しに我々を見張っていたのです…。
初めに異常に気付いたのは妻でした。

461: 蓮池 03/05/28 05:22
事の後、しばらく話をしていたのですが、急に妻の表情が強ばり声を微かに、『窓…の外…』私はその瞬間、私の背後にただならぬ事が起こっている事を悟りました。
私は妻越しにテレビの画面に目をやりました。
画面には網戸を透かして差し込む月明かりに映し出された何か大きな物体が映り込んでいました…。

私はゆっくりと妻に被さり息を殺しました…。
夏なのに布団を耳まで被り、暑いはずなのに冷たい汗が滴り…、私の鼻を伝った汗が妻の耳に落ち…。
金縛りと言うよりは蛇に睨まれた蛙のように全く動くに動けない状態。
妻の目は猫の目のようにその物から視線を反らせず、私も巨大なその物を横目で見ました。

462: 蓮池 03/05/28 05:24
それは初め苔の蒸した大きな緑色の岩のように見えました。
しかしそれは、正しくは…。

目が慣れるに従って網戸越しに浮かび上がったのは、『…顔…』巨大な緑色の顔…。
巨大な鮫のような目をした『…おに…』
それは緑色の巨大な鬼の顔…。

『…ご先祖様…お助け下さい…ご先祖様…お助け下さい…』…
何時間経ったのか、何十時間にも感じられた長い長い時間が過ぎ、その鬼は網戸から離れしばらくの間ただ突っ立っており、やがて何事も無かったかのように森へと去りました。
気が付けば喉がカラカラに渇いておりました。

463: 蓮池 03/05/28 05:25
窓を閉める事もできず動く事もできず、かと言って安心して眠る事もできず。
朝が来るとすぐ帰宅の途に付きました。
あれから私はしばらくの間不眠症になり、妻は情緒不安定で熱を出して寝込み、必死の看病の結果か今は妻も私も元気ですが、今でもあの時の事は互いに口にするのを控えております。

皆さんはよく恐怖体験をしたいと言われますが、もしそのような体験を追い求めるなら、日頃からご先祖様を大切にするよう心がけて下さい。
もしあの夜私にご先祖様に対し後ろめたい気持ちがあったなら、私達は翌日のニュースに謎の失踪事件として紹介されたのだと思っております。
お気を付け下さいますよう。

536: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/28 18:58
>>459->>463
怖ぇえよ…。
その宿恐らくH県やろ…。
ナンマイダナンマイダ…。

467: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/28 06:19
ひええええええぇぇ

449: ikinaridesuga1 03/05/28 02:37
小学生の頃、一階の給食室の前の男子トイレに幽霊が出るって噂がはやりました。
実際何人かがトイレのドアの曇りガラスに人影を見ていて(明けると誰もいないのに閉めるとまた人影が浮かぶそうです。)僕が卒業してからもかなり長い間その噂は続いていました。

中学に入り久しぶりに小学校のに遊びに行った時、そのトイレを見に行くとドアの曇りガラスは外されていました。
先生に確認するとあまりに人影を見る生徒が出てくるので外したとゆう事でした。
あぁ~あの噂はホントなんだなぁ~ってゾクゾクしたのを覚えています。

その後高校生になりいつしかその噂も忘れていったある日、夏休みに高校で知り合った友達が3人泊まりに来ました。
当時、僕の部屋にはまだクーラーは無く、窓を明けて扇風機を回しっぱなしでいても部屋の中はまだ暑いままでした。
そこで僕は近くに小学校があるからそこのプールに忍び込んで泳ごうと誘いみんなも賛成してくれたのでさっそくそこまでみんなで歩いていきました。
時間は大体10時くらいでした。

450: いきなりですが 2 03/05/28 02:38
プールに着くと汗まみれだった僕達はすぐさまプールに入り泳ぎました。
30分も遊んでると涼しくなりプールサイドで休憩。
他に何もする事が無かった僕達は会話が自然とスケベな話題や昔あった怖い話になりそこであの噂を思い出したんです。

それを話すと友達(仮にAとします)が「おもしれーちょっと見に行こうよ!!」と言い出しました。
僕は「いや、いい。怖いから」と断りもう一人の友達も断りました。
結局Aと残りの一人(B)が見に行く事になりました。

4人で学校の裏手に回り記憶を頼りにボイラー室?のような(何だか解らないけれど機械が置いてある部屋)の前に行くと偶然にも鍵が閉まって無いらしくちょっとだけ開いてあるのが解りました。
そこからAとBは校舎の中に入り僕とCは外で待つ事に。
しばらくするとAとBが窓から飛び降りて来て一言、「何にもねぇよ?」「幽霊なんて出なかったよ」と口々に言いました。
僕もホッとしてなんだそんなもんか・・・と思いそのまま帰りました。

451: いきなりですが 3 03/05/28 02:38
それから何年も経ちまた忘れかけていた頃、親戚の子供がその小学校に入学しました。
その年の文化祭に招待されて、3歳になる従兄弟の子を連れて見に行きました。
久しぶりに見る校舎の中の様子や学校の雰囲気にすっかり懐かしくなりしばらく見て回ると従兄弟の子が居ない事に気づきました。

これはマズイとあちこち探し回るとむこうから「おにいちゃーん」と従兄弟の子が走って来ました。
子供の手を握り帰ろうと一回に降りた時「ばいばーい!!」と子供が大きな声で手を振りました。
誰に手を振っているのかと思いましたが人が多く解りません。
そこで聴いてみると一言「あそこのおにいたん」と。
子供が指差したのはあの窓ガラスの無いトイレのドアの前でした。

やっぱりあの噂は本当でそこに幽霊は居た様です。

452: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/05/28 02:41
>>449 想像したら微妙に怖い~

341: とある団地の話 1 03/05/27 11:35
これは私が今住んでいる所に引っ越す前の話なんですが、以前住んでいた県営住宅(まだ新しく中古で入居はしていません)は私が生まれて間もない頃に入ったそうです。

そこには私も小学校の5年までしか住んでいなかったんですが、13号棟まであり、子供が多い割には何故か人気が少ないように感じる土地でした。
また、私達が住んでいた13号棟は小さい道路に挟まれ前の12号棟とも疎外感のある場所でした(ちなみに室号は404であからさまに不吉w)。

342: とある団地の話 2 03/05/27 11:35
それは私が3歳頃、最初に経験したのは母でした。

ある夜中、母は12号棟にある公園のほうからこちらへ歩いてくる人影を観たらしく、本能的に「ヤバイ」と思って、自分の家へ戻ったそうです。
その人影(よくよく見ると死装束を着た長い髪の女だったそうです)はスーっといった雰囲気で13号棟の1階1部屋ずつ、ノックをしては上の階へ上がって来ました。

4階に住む母は、急いで家の鍵を閉めてふすまを閉じ(寝る前にふすまを閉める習慣だったので)、私たちが寝ている部屋へ来て寝たフリをしたそうです。
そして次に周ってくるのが「うちだ」と感じた瞬間、はっと目が覚めたそうで、気がつくと隣にはいつもの家族が眠っています。
「あぁ、夢だったのか」と母がほっとして頭上にある時計を見ようとした瞬間、ふすまが半分ほど開いているのに気づきました。

そしてはっとした瞬間、金縛りにあい、うっすらと目をあけてみると目の前には先ほど目にした死装束の女性が、物凄い形相で母を睨んでいました。
そして次の瞬間力任せに首を絞めてきたそうです。
「苦しい」と気が遠くなった瞬間、母は気を失ってしまったのですが、次の日起きるとふすまはやはり半分開いていました。
それが、母にとって一番怖かった体験だったそうです。

343: とある団地の話 3 03/05/27 11:36
次の体験者は私の弟でした。

弟も親の血なのか子供の頃から結構見る体質だったらしく、異常なまでの怖がりで、小さい頃はいつも夜中にトイレに行くときは必ず家族を起こしていたのですが、何故かその日は1人でトイレに行こうと思ったらしく、ふきガラスつきの扉(どうもこの県住のデザインらしく、どこの家にも着いていました)を半分開いた瞬間、誰かがいるのが見え、よくよく見るとどうも母が観た例の女性と同じらしく(ですが母は「怖がりだから」と弟にはその話をしていません)、半泣きで私たちが寝ている部屋に戻ってきて詳細を話しました(それで母が上の体験を言ったものだから余計に弟は怖がりになってしまったんですがw)。

そしてある日、今度は父が妙なことを母に言いました。「お前、夜中何度も俺の手を撫でてるやろ」と。母は私と弟と同室で寝ており、父はスペースがないので1人別室で寝ていたのですが、もちろん母は「そんなことしていない」と言い張ります。
そしてある日、父がまた手を撫でられていると感じた時に、うっすらと目をあけて手のほうを見てみると、白い着物から伸びた青白い手が父の手を延々と撫でていたそうです。
今では父は「よく考えると母さんの手よりももっとほっそりとしてて綺麗だった」と笑い話にしていますが・・。

そんな風に同一人物と思われる霊に私以外の家族全員が観たことになったのですが、これがあまりにも小学校の頃の私にとって、友達と話す時にいい話題になるので、ある日下校途中に、同じ13号棟に住む同い年の友達にこの話をしてみました(オチに使おうとその子には最後まで「同じ霊らしかった」とは言わなかったのですが)。

すると、その子も家で霊体験をしたことがあるらしく、これは弟と同じくふきガラスの扉を開いたときに見たそうなんですが、この話を聞いたとき私ははっとして、「もしかして、その幽霊って死装束を来た髪の長い女の人じゃなかった?」と尋ねたところ、友達は「うん、そうだよ。なんでわかったの?」と驚かれました。

もしかしたらこの霊は13号棟付近をうろついているのかもしれません。

344: とある団地の話 4 03/05/27 11:37
ちなみに、この霊だけでなく、昔実際に起きた事件で近所のどぶ川にまだ3歳頃の男の子が落ちて溺死したことがあってから、夜になると風もないのに放置された三輪車が勝手に動き回るのを目撃した人がいたり、団地の集会所にいった近所のオバサンによると「あそこに正座したおじさんが時々いたり消えたりしている」と指差したり、(一度たくさんの人が目撃して騒動になったそうです)怪現象は後をたちませんでした。

その後、震災もあって私の家族はその団地を離れた(ガラも悪くなったので)のですが、私の家族の後に4040号室に入った家族もいたようで、つい数年前母がまだ団地に住んでいた友達に会ったときにこっそりと話された話がこれでした。

「あなたたちの後に入った家族・・男の子がいたんだけど、突然家で首を吊って自殺したのよ。もう半年経つんだけどまだ原因不明なんだって」・・と。


元スレ:https://hobby3.5ch.net/test/read.cgi/occult/1053837315/