677: 避難小屋 03/06/08 23:47
信州のそれほど高くない山、A氏は一人で登山中崖から落ちて脚を骨折してしまった脚を引きずりながら山道を進む。
そのうち、だんだん日が傾き夜を迎えた。
暗いなかをこれ以上歩くのはかえって迷うおそれがあり危険だ。

するとすぐ先に避難小屋がみえた。
まだ携帯電話もない時代である。
後から来る通行人を待つしかない。
とりあえずA氏はそこで一晩過ごすことにした。

日帰りのつもりで来ていたのでろくな装備はない。
避難小屋にも備蓄がない。
とりあえず用意してきた非常食をほおばり、新聞を床に敷き、防寒着を布団がわりに肘枕で寝ることにした。・・・

ふと枕元に目を落とすと汚い大学ノートがある。
よく避難小屋においてある非常時の連絡用ノートだった。
どうせやることもない山小屋の夜である。
A氏はパラパラとノートをめくり読み始めた。

「12月23日
クリスマスを自宅で迎えるはずが、途中の山道で迷ってしまい下山出来なくなった。レトルトカレーで夕食をすませると寝ることにした」

「12月24日
ホワイトクリスマスになってしまった。雪が激しくて結局戻ってきた。それにしても昨日の声は何だったのだろう?遠くの向こうの尾根のほうで5~6人が叫ぶような声が聞こえた。時計をみたら深夜2時半だった。」

678: 避難小屋 03/06/08 23:47
「12月25日
今日も雪が激しい。それにしてもあの声は何なのだろう?『おーい、おーい』という声が小屋から300mほどの山頂から聞こえてくる。それも朝まで叫んでいる。かなり大きい声だ。おそらく外を見ればその正体を確認できるかもしれない。しかし、この世のものでないだろう。昨日も眠れなかった」

「12月26日
ついに声が小屋のすぐ外で聞こえ始めた。ドンドンドン!と一晩中叩いている。『おーい!聞こえてるんだろ!!』5~6人で順番に叫んでいる。時折視線を感じるが怖くて見られない。逃げたい・・・逃げたい・・・・逃げたい・・・・・」

「12月27日
やっとここを抜け出す方法をみつけた。峠を右に折れたところに林道があった。道沿いに行けば営林所の監視小屋がある。そこまで行けば電話がある。」

ここで日記は終わっている。
その後この人物がどうなったかわからないA氏は思った
「どうせ大学生が驚かそうと思って書いているだけだろ」

A氏は気にもとめず寝た・・・・・
夜もくれたころ、A氏は目を覚ました。
遠くで声が聞こえる。
『ぉーぃぉーぃ』
どうやら日記にあった尾根道のほうだ。
うなるような低い大人の声、そう何人かで交互に叫んでいるように聞こえる。

ふと時計をみると2時半、A氏は日記のことを思い出した。
結局彼は一睡も出来ず朝まで起きてしまった。
翌日A氏は骨折の脚が膿んでしまい、一歩も歩けなかった。

679: 避難小屋 03/06/08 23:47
通りがかりの助けを待ったが来る気配はない。
もともと山道から離れた山小屋だったらしく、朝みるとかなり荒れている。
新聞が風に舞い、床が抜けて全体が傾いている。・・・

いよいよ2日目の夜を迎えた。
日記のとおり山小屋にずっと近づいた山頂付近から『おーい!おーい!』と大声が聞こえる。
目を閉じるのが怖くて寝られない。・・・

そして3日目、日記のとおりドアをドンドン叩く音。
そして『おい!聞こえてるんだろ!!』『返事をしないと殺すぞ!』『なんで答えないんだ!』と順番にドアをたたきつける音。
A氏は息を殺してじっとするのが精一杯で全く寝られない。・・・・

4日目、A氏はこの日こそこの小屋をでなければいけないと思った。
さもなくば殺されるだろう。
膿んでいる脚を縛って、どうにか杖を作り、日記に書かれた監視小屋を目指して歩いた。
脚は骨が飛び出ているほどひどく、時折激痛におそわれ休み休み進むことになった。
尾根道にそって目指す峠が恐ろしく遠く感じられた。

そうこうしているうち、日が暮れ出す。
峠についたころには暗がりの中かろうじて歩ける状態になった。
はたして峠には林道がつながっていた。
尾根の反対側であったため見えなかったのだ。
その林道沿いに「監視小屋」を目指す。
すると小屋のほうから例の大声が聞こえ始めた。

『おーい!おーい!』
『いないのか!おーい!』
『ちくしょー!逃げやがった!』
その声はもの凄い怒鳴り声で夜の山に響き渡った。
たちまち声の主はA氏を追ってきた、A氏が朝までいた小屋といまいる林道の間には深い断崖絶壁がある。
しかしこの世のものとは思えない早さで谷を降り、また谷を駆け上がってきたのが分かる。

『待て!そこを動くなぁ!!』
徐々に声が近づいてくる。
『殺してやる!』
A氏はもう無我夢中で逃げ出した。
骨折の脚も気にせず林道を走るように駆け下りる。
遠くに明かりが見えた。

「監視小屋だ!」
もう脚の痛みなど気にせず一気に小屋に駆け込んだ。

680: 避難小屋 03/06/08 23:48
小屋に入るとパタリといままで追ってきた雄叫びは消えた。
A氏は小屋に入るといままでの脚の激痛がぶりかえしたのか、その場でうずくまった。
痛みにこらえながら再び顔を上げると、目の前に小がらな昔の猟師風のいでたちの男がいた。

「よく逃げてこられたな」
「・・あなたは誰なんだ?」
「おまえ、前の小屋で日記見たろ?」
「ああ」

「おれはその日記を書いたものだ。ここで逃げてくるヤツを食うためにな!」

757: 家に火をつける1 03/06/09 14:33
3年前の事です。
私は妻と長男3歳と温泉宿に一泊旅行に行ったのでした。
夕食前に大浴場で一風呂浴びて・・・妻が出てくるのを長男と宿屋のお土産コナーで待っていた時の事です。

『家に火をつけるわよ・・・』
と言う声を聞いたのです。
ふと、私が声がしたあたりを見回すと男女が二人たっていました。
どうやら、女の人が男の人に言ったセリフのようでした。

私が聞き耳を立てると案の定、別れる別れないの痴話ゲンカをしていたのです。
私が野次馬根性を出してしまってもう少し聞きたいと耳を澄ますと・・・
男の人が「おい!人が見てるだろう!!!」と女の人を諭したのでした。
私は恥ずかしくなって何事も無かったかの様にその場を立ち去ろうとしたのですが・・・
一瞬!女の人が鋭い目つきで私を睨み付けているのに気付きました。
美人は美人なのですが思いつめていると言うか何というか非常に怖いと感じました。
(あんな鬼みたいな顔じゃ、男も逃げるな~)と思いながらその場を後にしたのです。

758: 家に火をつける2 03/06/09 14:34
そして何事も無く楽しい旅行を終え次の日曜日の事です・・・
妻が不審な女性が家の前をウロウロしていると言います。
私が外に出ると女性はあっという間に姿を消しました。

次の日曜日にもやはり女性がウロウロしています。
私は裏口から周り女性に気付かれないように遠回りして女性の背後から「何をしてるんだ!!!」と怒鳴ると女性は驚いて振り返りました・・・

そう、あの時の女性だったのです。
今度は私が驚く番でした。
私が一瞬固まってしまった間に、女性は風の様に逃げて行きました。

私は家に入ると妻に宿での出来事と、その時の女性がうちの玄関前をウロウロしていた事を話しました。
妻も驚き、そして恐れます。
「なんで、ウチに?ウチには小さな子もいるのに?もしかして危ない人?」
その時はとにかく落ち着いて様子を見ようと言う事にしました。
平日も注意して家の周りを見ていたのですが・・・やはり、次の日曜日に再び玄関前に女性が現れました。

いくら危なそうな人でも、相手が女性と言うのもあり・・・また、私自身が剣道の有段者でもあったのでゴルフクラブのアイアンを手に持ちいかにもゴルフの練習をしていたフリをして女性に声を掛けました。
「何かようですか?」
言葉とは裏腹に厳しく詰問するように言い放ちました。
すると女性は玄関越しに私を睨み付けます・・・
その目の怖いこと、怖いこと私はマジで足が震えてしまいました。
しばらく睨み合っていましたが私がついに我慢できなくなって目を逸らすと女性はまた風の様にどこかへ逃げて行きました。

759: 家に火をつける3 03/06/09 14:34
家に倒れ込む様に逃げ込むと窓から覗いていた妻も青い顔で出迎えます。
私たちは、すぐに泊まった宿に電話して女性の事を聞いたのです。
フロントの係りの人は「他のお客様の情報はお教えできません。」の一点張りでしたが、事情を話しそして教えてくれないと警察に訴えると脅すと支配人の方に代わってくれました。

支配人に改めて事情を話すと・・・しっかりした宿なのでしょう、不審な男女の二人組の事を覚えておられました。
支配人は他のお客様の情報は教えられないが、宿のほうから二人の客の方に連絡を取ってみますと言ってくれました。
安心して電話を切ったのですが・・・
しばらくすると宿から電話がありました。
そして支配人が言うには男女二人組の宿帳に書かれた住所も電話番号もデタラメだったと言うのです。

次の日、会社の上司に相談すると上司はすぐに警察に行こうと言います。
警察が頼りになるだろうか?と私が首をかしげると上司は「俺も一緒に行ってやる。」と言いまして、勤務中だったのですが一緒に警察署に来てくれました。
生活防犯課の初老の刑事さんが真剣に私の話を聞いてくれまた、上司も私が小さな事で大騒ぎする人間ではないと言ってくれました。
刑事さんは玄関前の道をウロウロしているだけでは事件にならないが今度の日曜日は散歩がてら私の家の前に来てくれると約束してくれました。

760: 家に火をつける4 03/06/09 14:35
次の日曜日外に出るのも怖くて家の中で家族でジッとしていますと電話が鳴ります。
あの刑事さんからで「今玄関の前に立っている女性がその女性か?」と聞きました。
私がコードレスフォン片手に二階に上がり・・・(怖かったのでこっそり見ようと思って。)カーテン越し玄関を盗み見すると・・・

やっぱりあの女性が立っていました。
「私がそうですあの女性です。」と刑事さんに言いますと、「そのまま家から出ないで。」と刑事さんは言って電話を切りました。
30分くらい待ったでしょうか・・・玄関が少し騒がしいと思って再び玄関を覗き見ると白い乗用車に女性が押し込められているところでした。

後日、あの刑事さんが詳しい事を話してくれました。
女性は車で2時間以上離れた所に住んでいたのだそうです。
そして、毎週、仕事が休みの日曜日に我が家を訪れていたのです。

その内容をまとめますと女性は妻子ある男性と不倫の関係にあり。
別れ話のもつれからその男性を殺してしまおうと考えていたようです。
ところが、私がその話を盗み聞きしてしまったのでなぜか女性は、まず私を殺してしまおうと考えたのでした。
どうして、我が家の住所が判ったのか?
なんと女性は私達家族が宿から出てくるの追けていたそうなのです。
帰りの電車の中で幸せそうな私達の家族を見て不倫関係でドロドロした自分とのギャップに女性は私達の家族に対して強い殺意を感じていたそうです。

761: 家に火をつける5 03/06/09 14:35
その後、女性の弁護士さんが見えられました。
弁護士さんはやんわりと女性は精神に問題があるので告訴しても私達に勝ち目は無いので見舞金を黙って受け取り示談にして欲しいと言いいます。
良くしてくれた刑事さんも職務上、民事の助言は出来ないが独り言として「自分なら弁護士の言う通りにする。」と言われたので黙って見舞金を受け取りました。
女性は今、精神科の病気療養中で刑事さんは「再び女性の姿を見たら即座に警察に連絡しなさい。」と言いました。
誰が何と言おうと私達に取って洒落にならない話です。

862: 得体の知れないもの1/3 03/06/10 02:46
今から10年ほど前の話です。
当時僕は、僕のオカルトとバイクの師匠だったOさんと一緒に、週末になると秩父やら多摩やらを走り回っていました。
といっても膝に空き缶をくっつけて峠を攻める系のバイク乗りではなくて、むしろ林道に分け入っていって、人気のない林道の道端で煙草をふかすとか、火をおこして小キャンプみたいなことをするというスタイルのバイク乗りでした。
おいらん淵にも、正丸峠にも行きました。

ある日、Oさんが、いい所に連れて行ってやると言います。
喜んで走っていくと、林道の中に「私有地・立ち入り禁止」の柵がありました。
「この先は立正佼成会だかどっかの宗教団体の持ち山なんだけど、いい林道になってて楽しいんだよ」
そう言って、柵を道端にどかして、僕たちはバイクを進めました。
しばらく林道のダートっぷりを楽しんでいたときでした。
いきなり道の左側が開けてきました。

そこに湖と呼ぶには小さな、池のようなものがありました。
「なあ、これ、自然の池だよなあ?」
「そうですよね、コンクリとか全然見えないし。でもなんか変…」
「ああ!」
Oさんが何かに気づいたようで、大声を上げました。
「お前よく見ろ!この池って、ほぼ真円じゃないか?これって…隕石かなにかが落ちてできた、クレーターじゃないの?」
そうでした。違和感の原因はそこにあったのです。
「そっか…」そういわれて良く見ると、水面が綺麗な円を描いています。

「うわーこれって本物ですかね…いやぁこんなものがこんなところにあるとは…」

863: 得体の知れないもの2/3 03/06/10 02:46
そうしてしばらく池のほとりにバイクを止めて、まわりを見ていると、僕は妙なものに気づいてしまいました。
その池の反対側に小道が続いていて、そこになぜか真新しいしめ縄が張ってあるのです。

「……Oさん、あれなんか嫌だなぁ。ここやばくないですか?」
ふと見ると、Oさんが笑顔で凍り付いています。
霊感のあるOさんが、やばいものを感じているときにする表情です。
「お前もそう思う?宗教団体の人が来るとまずいし、Uターンして、この林道から早く出た方がいいなぁ」
ちょっと間延びした口調でOさんはそう言うと、エンジンをかけて一目散に、もと来た方向へと走り出しました。
「ちょっと待ってくださいよ!」
僕も慌てて走り出しました。

「まずいなぁ」
舗装された道に出て、自販機で買った缶ジュースを飲みながら、Oさんがいいました。
「悪い、マジで悪いんだけど、付いて来ちゃってるわ。お前の後ろにいる」
「え~!」
もう僕はガクブルです。
「なんかなぁ。人間(の霊)じゃない気がするなぁ」
「動物霊?」
「いや、そういうんでなくて、もっと高次っていうか、神様系みたいな?ちょっとタチ悪いかも…あれ、出てこないようにするしめ縄だと思うんだよ。だけど道のこっち側にはなかっただろ、だから来ちゃったんじゃないかな…帰り気つけろよ。あと、ミラーに何が映っても、ビビんないで走れ。ビビらせて事故らせる気かもしれないから」
そういうと、Oさんは再びバイクに乗って走り出しました。

僕は事故らないように注意して走りましたが、そんな事言われたせいもあって体が固くなったのか、カーブで滑ってリアを路肩に落とし、立ちゴケしてしまいました。
Oさんは笑って、「ビビるなって言ってんじゃんかよ~」
「いやビビったわけじゃないっすよ!何もミラーにみえなかったし」
そう言ってひん曲がったミラーを直し、再び走り出したその時です。

864: 得体の知れないもの3/3 03/06/10 02:46
ミラーに、なにか黒いもやのようなものが映っていたのです。
それは走る僕の背中に、ぴったりとくっついていました。
僕は霊とかほとんど見えない人間だったので、恐怖よりも、「ああこれがOさんの言っていた、付いてきたモノなのかなぁ」という好奇心の方が強かったのを覚えています。

なんかそこに排気ガスが溜って色が濃くなっているような、そんな感じのもや。
そのもやはずっと付いてきました。
トンネルを通った時にはちょっと大きくなったような気もしましたが、とりあえず付いてきているだけで、後ろの視界もききますし、別に危ないことはない様子でした。
空は夕暮れ、だいぶ暗くなってきましたが、本格的に夜になる前に市街地に戻ることができたので、僕はもうかなり安心していました。
信号待ちで車列の一番前まですり抜け、信号が青に変わると同時にスタートダッシュをかけました。

その直後、ゴンと音がして、気が付くと僕はバイクごと路肩に転がっていました。
体中が痺れ、そして猛烈な痛みが襲ってきました。
信号はまだ、青になっていなかったのです。
黄色の信号で交差点に突っ込んできた軽自動車の横っ腹に、僕は赤信号を無視して突っ込んでいったのでした。
なぜそんな見間違えをしたのか…確かに信号は青に変わった後だった。

でも一部始終を後ろで見ていたOさんによると、
「お前の後ろの奴が、ぶわって広がってお前を包んでた。そしたら赤なのに、クラッチつないで飛び出してったから、あーあ、やられたなって思ったよ…」
幸い、そんなにスピードが出てなかったこともあって、打撲で済みました。
警察を呼んで、保険屋に連絡して…後ろのもやはいつの間にか消えていました。

あれ以来、ツーリングにはお守りを欠かさず持っていってます。
また、なるべく夕方、逢魔が刻以前にバイクから降りられるようなツーリングスケジュールを組むようにしています。
やばそうな場所には、もちろん行きません。
でも、最近あの黒いもやを、街中でよく見かけるのです。
ふとすれ違う見知らぬ人の背中についているのです。
最近あの池でなにかあったのでしょうか。

581: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/06/07 07:02
昔、まだ私が若者だった頃の話。
こっくりさんに興味を持ったのでクラスの女子に話をしたらエンゼル様っつーものを友達の家でやるのでよかったら来ない?と言われた。
私は男なので、ちょっと女の家に行くのは恥ずかしかったのだがとりあえず行ってみる事にした。
やっている時は誰かが動かしているのかともおもったんだが、こういうもんなんだなと思い、納得した。
最後に皆でペンを離す時、紙とペン先の間からふわぁっと煙みたいな物が立ち上るのが見えた。

帰りに一人ゲーセン寄ったんだが、だれかに乗っかられてるような感じになり、家に帰って倒れてしまった。具合悪いなと思って熱測ったら39度もあった。

582: 581 03/06/07 07:02
一年ほど経って本屋に行った時、こっくりさんの本を見つけてしまった。
内容は歴史やら詳しいやり方、なんと文字盤付き。以前の事をそこで思い出し、気に掛かっていたのもあってその本を買ってしまった。
家に帰ってから夜、母がお風呂入るのを待った。(母に変なとこ見せたくなかったので)
片付けやらなんやらで結局夜11時半ごろに母は風呂場に行った。

待ってましたと早速書いてあるように文字盤をつくり(付属のを使うともったいないと思ったので)これまた書いてあるように北側の窓を開けて始めた。
一人で居間でやっていたのだが、なんの変化もなく人数いないと駄目なのかと思った。

その時、台所からダンダンダンと凄い音がした。

583: 581 03/06/07 07:03
家は母と二人暮らし。母は今風呂場だし、その前に台所は電気つけてなく真っ暗。
しかしその暗闇の中からその音は聞こえていた。
明らかに台所のテーブルの上で人が踊っているというか暴れているというか、そんな感じだった。
20秒位続いていたんだが、恐くて10円玉から指離せないし、それ以前にその状況が恐かったし、かなりあせっていた。
おとが止み、我を取り戻してお帰り下さいとなかば強引に指を離した。

しばらくして母が風呂をあがり居間に来た。
いつもは風呂場~寝室直行(それもあって風呂の時間まで待ってた)なのだが、何だ?台所の音聞こえたのか?と訪ねたら何言ってるといったかんじで、「音?しらないわよ。それより何?この匂い?すごい生臭い!お風呂まで臭ってきたわよ!だから見にきたの!」と凄く怒られた。
私は匂いは分からなかったんだが、北側の窓がほぼ全開になっているのに匂いがこもるなんておかしいと思った。
もちろん外にも匂いの元になるような場所や物は無い。

584: 581 03/06/07 07:05
さらに一年ほど経ち、私の家で友達(男1女2)で夜中喋っていた。
たまたまこっくりさんの話になり、それならいい本がある!ということでまたあの本を持ってきた。
やってみようということで今度は付属の文字盤を使って私を含めた4人で始めた。

開始してすぐ、私の後頭部がカァーッと熱くなって来た。
もうストーブでも近くにあるかのごとく感じてきた。(この時は八月、ストーブはありません)
それも頭の内側から。
すると十円玉に乗せている私の右腕の肘から先の感覚が無くなりました。
無くなるというより長時間正座して麻痺した足に近い感覚。

585: 581 03/06/07 07:06
目をつぶってやっていたのだが、おかしいと思って目を開けたら皆あぜんとして指を十円玉から離しており、私を見ていた。
見ると私の前腕だけが硬貨を人さし指で押さえて狂ったように文字盤の上をくるくる回っていた。
もう、ほんとに誰か他の人の腕になってしまった、と言う感じ。
その部屋には死んだじいちゃんの仏壇があり、じいちゃん助けてくれ!と足でテーブルひっくり返して強引に硬貨から離した。

するとごつん!いて!頭をげんこつされたような痛さがあった。
四人全員同時に。
その後すぐに皆で仏壇に線香あげて呪われないようにじいちゃんに拝んだ。

その日は皆恐くて帰れず朝まで私の家にいたんだが、ちょっと外が明るみ始めたので、皆安心したのか別にたいした事なかったね、なんて話していたらじいちゃんの仏壇からボーッとほら貝みたいなすごい大きい音がして、皆またびびってしまった。

586: 581 03/06/07 07:10
すみません、実体験を書いたのですが、なんかだらだらとつまらないですね。
文才がないのでご了承下さい。
最後にネタではないのですが、遊び&興味半分でやってはぜったいにいけません!本当に!以上私の経験&教訓ですた。

元スレ:https://hobby3.5ch.net/test/read.cgi/occult/1054525237/