k

626: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/21(木) 02:38:20.65 ID:lu3hVqRT0.net
近くの公園には紙芝居なんかも来ていた昭和の時代の話。 
夏休みになると近所に蕨餅の屋台を引いたおじいちゃんが必ず来た。 
何か話すわけでもなく、子供達に蕨餅を売って帰るそれだけ。 

小学校低学年だった私は特に不思議とも思わずに、ひんやりした蕨餅を30円で買って食べていた。 
三年生の夏休み、毎年来るおじいさんが来なかった。 
「あれ、こないね。」なんて友達と話していたけれど、特に気にするでもなく遊んでいたら 
通りの向こうに黒塗りの車が止まって、後部座席の窓がすっと開いた。 
車窓から覗いているのは蕨餅のおじいさん。 
あれは確かにあのおじいさん。 

何を思って屋台を引いていたのか、どうして私達を黒いピカピカの車で見に来たのか、今でも不思議です。

627: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/21(木) 02:43:58.82 ID:Aur490od0.net
>>626
真相気になるね

629: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/21(木) 14:51:30.02 ID:lu3hVqRT0.net
>>626です、レスありがとうございます。

時々、白昼夢だったのかと思うぐらい不思議な出来事でした。
それ以来、おじいさんの姿を見ることはなかったので真相は分からずです。
でも、仰るとおりお金持ちだけれど、何か理由があって屋台を引いて来ていたんでしょうね。

そこは近くに死刑囚が収監される拘置所もあり、拘置所の塀ごしに中の人と話したこともあります。
これもちょっと不思議な体験かも。
拘置所の塀越しなんて声が聞こえるのかなと、今では疑問になりますが、確かに時々話していました。

633: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 00:34:29.08 ID:UZsnIDLQ0.net
>>626
蕨餅で財をなして社長になったんだよ、きっと

634: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 01:03:03.27 ID:eoyDjTSt0.net
そういえば私も子どもの頃、市民プールの脇でわらび餅を
売ってるおじさんが居たな。
いつもプールのあと、わらび餅を買って食べてたんだけど、
ある日、おじさんの横に見知らぬ男性が立っていて
おじさんは何だかいつもと違って緊張してるように見えた。

ふと、おじさんの手元を見ると指が一本なかった。
私は小4ぐらいだったけど、テレビっ子だったのでピンときた。
おじさんは元ヤクザで、組織から足を洗うために指一本つめられた。
そして、わらび餅屋になったけど、ショバ代を払わされている。

たぶん私の想像では、>>626のおじさんも同じような感じだと思う。
長年わらび餅屋などでショバ代を渡して、みそぎを済ませて
ケリをつけたんではないだろうか。

黒塗りの車はヤクザの親分のものだろうから、車に乗せられて
挨拶に行くのか、それとも何かやらかして連れて行かれているのか…
無事だといいが…

628: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/21(木) 07:46:03.56 ID:wNXgmMa5O.net
蕨餅屋は世を忍ぶ仮の姿で実は子無しの大富豪
子供をさらって後継者にしようと目論んでいた
…んな訳ねーかw
元スレ:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1390609820/