dsc03263_p

123: 名無しさん@おーぷん 2014/08/20(水)22:13:21 ID:WzzY19CVS
過疎ってますね。
1話投下します。

私が幼稚園のころの体験談です。
遠い親戚に貿易会社をしているお金持ちがいました。
家は洋風の一戸建てでとても大きく、家の中も海外の珍しい置物がたくさん飾っていました。
遠い親戚なので、何年かに一度会うかどうかという浅い関係でしたが、
会うときは海外の珍しいお菓子等を持ってきてくれて、幼心にもわくわくしたのを覚えています。

ある時、親戚宅を訪れる機会がありました。
法事かなにかだったでしょうか、多くの親戚が集まりました。
大人たちは世間話と宴会に花を咲かせている間、子供達は家の中を探検して回ることになりました。
もちろん大人には内緒です。こっそり子供達だけで親戚の集まっている大部屋を抜け出しました。
洋風の家の中は珍しいものでいっぱいでした。子供達ははしゃぎながら一部屋一部屋中を確認しながら家の中を探検していきました。
その中の一室に洋室の応接間がありました。大理石のテーブルを挟んで、革張りのソファが置かれ、天井にはシャンデリアがありました。
棚には、海外の珍しい置物が所狭しと並んでいました。その中に、フランス人形が何体か置かれていました。
金髪をくるくる巻いて、ドレスを着た人形達です。
それを眺めていた私は、1体の人形に違和感を覚えました。
本当に違和感としか表現の仕様がないのですが「何かおかしい」と感じたのです。
他の人形とはあきらかに違う、でもなにが違うのかわからない…そんな奇妙な感覚のまま、私はその人形をもっとよく見ようと顔を近づけました。
すると、その人形の目がギロッとこちらを向いたかと思うと、手を振り上げて私の額をベシッと叩きました。
びっくりした私は、驚いて1歩後ろに下がりました。
運の悪いことに、私の後ろにいた、私より幼い親戚の子に体当たりする形になってしまい、その子が転んで泣いてしまったのです。
大人たちが騒ぎを聞きつけてどやどやと応接間に入ってきました。