b1a36264

●「投稿怪談」として  霊感主婦 さん よりいただいた体験談です

usi32: 投稿者 霊感主婦 さん 2016/5/21(土) 04:44:44.44 

私は中学の時から弓道を始めて社会人になっても続いていました。
(大学では見学した結果、流派違いで入部せず。武州竹林派を学び四段)

私が中学生のころ、県大会で優勝した時の話。
弓道人口は少なく、中学だろうが高校だろうが、地区大会を経て県大会に進むのは、指導者も選手も大体顔見知りです。
他校のN美ちゃんという子との再会を楽しみに練習に励んでいました。
大会の時、N美ちゃんは何故か元気がなくてチーム戦二回戦で敗退。様子が変だなとは思いましたが、私のチームと彼女のチームは一緒にお弁当食べました。
彼女のチームにN美ちゃんの親友がいますが、この子はもっと元気がなくて顔も暗い。暗いというか生気がない。しかし、次なる出番に備え、モリモリとお弁当を食べる我等に彼女達はおかずを分けてくれたり、相変わらず優しい。

「私達の分も頑張ってね!応援は二校分あるから二倍頑張って♪」

と励まされたお陰でバシバシ当たり、優勝。

おまけにその後、私は個人戦に残りました。N美ちゃんが見ているのに、チキンすぎて個人戦は3位。
団体戦の当たりはマグレだったか?なんて騒ぎながら県の弓道場の前でバスに乗り、N美ちゃん達に見送られました。
バスの最後部からバイバイしようとして、体が固まりました。ガラス越しに見るN美ちゃんともう一人の子、黒いモヤがかかったみたいに見えました。
そのとき、男子部員の「たっちゃん」という子が私の肩を掴みました。

「あれはなに?やべぇなぁ。あの子はチャアの友達だろ?」

私はどう答えたらよいかわからずに「たっちゃん」をただ見るばかり。
「たっちゃん」は神社の子でよくアッチのモノが見えるらしい。

「言えないか?まぁ、いいや、あとでな」と「たっちゃん」は男子達の席にいきました。

学校に戻り道具の手入れを片付けて帰宅中。途中の道に「たっちゃん」がいました。彼の家への道筋と私の家へいく道の分かれ道のところに自転車を停めて。
「たっちゃん」とは小学校も一緒でした。お互い見えることはわかっていましたが、その話題を話したことはありませんでした。私は自転車を降りずにまたがっていました。

「チャア、見えただろ、ちゃんと言えよ」
「黒いモヤモヤが頭んとこに巻いてたのが見えたよ」
「たっちゃん」は大きく溜め息をついて
「お前見えんのはモヤモヤか?オレには全身真っ黒に見えたよ。あの子ら、死んじゃうな」

私は急に自転車をこきだしました。泣きながら死ぬほどスピードあげて。
帰宅してからも自分の部屋に籠って泣きました。
家族は大会で大負けして悔し泣きしていると笑っていました。


翌日、学校で「たっちゃん」は話し掛けてはきませんでした。
私は目を真っ赤に泣き腫らしていました。お昼休みが終わろうとする頃、突然スピーカーから変な音がしました。
私と「たっちゃん」と先生が顔をあげてスピーカーをみていました。

『二番線を列車が通過します。ピロリロリン』繰り返し
『ビリリリ!ジリリ』

大きな警報音が長く長く続きました。
私は再度先生を見ました。
先生も私と「たっちゃん」を見ました。
「訳がわからないなぁ。なんだろなぁ?」
クラスの皆はキョトンとして先生を見つめています。
「あ~何でもないです」
先生は授業を始めました。放課後、私と「たっちゃん」は先生に呼ばれました。

何がスピーカーから聞こえたかを聞かれました。
私と「たっちゃん」は『何処かの駅の構内放送で、事故の警報』で一致しました。先生は「スピーカーから電車の車内放送が聞こえたんだ。不思議だな、オマエラと違ったなぁ、でも、職員室で話したら誰もそんな音聞いてないんだ。気持ち悪いなぁ。お化けかもな」


次の日の朝刊に、うちの町の駅と隣駅の間の踏み切りで女子中学生二人が手を繋いで電車に飛び込んだ記事がありました。
N美ちゃんと親友のあの子でした。あの子は、母親の再婚相手の男から暴力を受けていたと少し書かれていました。N美ちゃんは同情して死をともにしたのだとありました。
先生は二度とその件には触れませんでした。
ただ、ときどき学校で変なモノがうろうろしていると、私や「たっちゃん」の傍にやってきました。
たぶん、先生はアレ等が見えています。


「たっちゃん」地元で神職継いでいます。


1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【拡散】桜の起源が【 韓国ではない 】ことが正式に報道される!!!

【悲報】卵かけご飯はハゲの原因だった!?

ケンミンショーでねーわと思った自分の地元の情報

うしみつ四コマ更新中