過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: エルボーバット(東日本)@\(^o^)/ 2016/05/29(日) 00:02:24.25 ID:bUfKHTu00●.net BE:932387352-PLT(13000) ポイント特典
http://www.europanews.top/archives/1057837151.html

no title
鋭い歯を持つヤツメウナギは、英国の水質を復元する保全活動後に急増しています。
スイマーが英国の河川で1メートルの吸血魚の数が上昇したと警告しています。
鋭い歯を持つヤツメウナギは、空腹時に人間を攻撃することで知られており、生息数は、英国の周りで急上昇しています。
"吸血魚”は、血を吸い出すことにより、他の魚を殺します。
川や湖で泳ぐメンバーの屋外スイミングウェブサイト上にフラグを付けました。
スイマーのウェブサイトでは、5月18日にヤツメウナギの急増のレポートを行い”英国の川に醜いヤツメウナギが帰還"と題して警告しました。
吸血魚は飢えている場合は人間を攻撃することが知られています。
水泳選手が吸血生き物のために目を失いました。
36000年前から鋭い歯と強力な吸盤で永久に開いた口を持って武装しています。
英国でのヤツメウナギの数は、近年、急上昇しています。
うしみつ注:引用此処まで。全文はソース元をご覧ください