Drake_equation_550

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 12:27:09.38 0.net
ドレイクの宇宙文明の式

(文明の数)=(銀河系で毎年誕生する星の数)×(惑星系をもつ星の割合)×
(そのうち生命に適する惑星の数)×(その中で生命が生まれる惑星の割合)×
(文明をもつ宇宙人に進化する割合)×(文明の寿命)

つまり地球と同じ時間軸で同等程度の文明を持つ星はまずいない
絶望的な確率だ
ドレイクの方程式
ドレイクの方程式(ドレイクのほうていしき、英語: Drake equation)とは、宇宙にどのくらいの地球外生命が分布しているのか推定する方程式である。この方程式は、我々の銀河系に存在し人類とコンタクトする可能性のある地球外文明の数を推測するために、1961年にアメリカの天文学者であるフランク・ドレイクによって考案された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ドレイクの方程式