no title

1: 経理の智子 ★ 2016/05/31(火) 15:14:42.54 ID:CAP_USER9.net
新潟県糸魚川市能生の山中で29日、幻の生物“ツチノコ”を探す「つちのこ探検隊」ツアーが行われた。

1週間前から2か所にわなを仕掛けていたが、餌のパンや餅はなにものかに食べられたが、捕獲はできなかった。

11回目の今回は地元や東京都、富山県などから約60人が参加。シャルマン火打スキー場周辺を朝9時過ぎから探索したが、痕跡は何も見つからなかった。参加者は正午過ぎに同スキー場駐車場に下山。コシアブラやモミジガサなど約10種類の山菜の天ぷらを食べ、「イノシシが山芋を掘った穴があった」「来年はわなの餌をもっと工夫しよう」などと話し合っていた。

妙高市から参加した小学3年生(9)は「暑くて大変だったけど、山菜の天ぷらがおいしかった」と話していた。隊長の丸山隆志さん(69)は「ツチノコが見つからなかったのは残念だが、また何度でも糸魚川を訪れてほしい」と笑顔で語った。

2016年05月31日 14時44分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160529-OYT1T50102.html
ツチノコ
ツチノコ(槌の子)は、日本に生息すると言い伝えられている未確認動物 (UMA)のひとつ。鎚に似た形態の、胴が太いヘビと形容される。北海道と南西諸島を除く日本全国で“目撃例”があるとされる。
普通のヘビと比べて、胴の中央部が膨れている。
2メートルほどのジャンプ力を持つ。
高さ5メートル、前方2メートル以上との説や、10メートルとの説もある。
日本酒が好き。
「チー」などと鳴き声をあげる。
非常に素早い。
尺取虫のように体を屈伸させて進む、尾をくわえて体を輪にして転がるなどの手段で移動する。
いびきをかく。
味噌、スルメ、頭髪を焼く臭いが好き。
猛毒を持っているとされることもある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ツチノコ

no title