1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/05(日) 16:00:40.60 ID:TDr/TILe0.net
うちの地元にタイパラ地蔵って呼ばれてる謎の大きめの五輪の塔があるんだが、ちょっと皆様の意見を聞かせてください
五輪塔
五輪塔(ごりんとう)は、主に供養塔・墓塔として使われる仏塔の一種。
五輪卒塔婆、五輪解脱とも呼ばれる。一説に五輪塔の形はインドが発祥といわれ、本来舎利(遺骨)を入れる容器として使われていたといわれるが、インドや中国、朝鮮に遺物は存在しない。日本では平安時代末期から供養塔、供養墓として多く見られるようになる。このため現在では経典の記述に基づき日本で考案されたものとの考えが有力である。
仏教で言う塔(仏塔)とは、ストゥーパ(卒塔婆)として仏舎利と同じような意義を持っている。しかし、小規模な五輪塔や宝篋印塔、多宝塔(石造)は当初から供養塔や供養墓として作られたのであろう。中世の一部五輪塔には、地輪内部に遺骨等を納めたものが現存する。また、供養塔・供養墓としての五輪塔は全国各地に存在し、集落の裏山の森林内に、中世のばらばらになった五輪塔が累々と転がっていたり埋もれていたりすることも稀ではない。


https://ja.wikipedia.org/wiki/五輪塔

no title