b1a36264

●「投稿怪談」として  霊感主婦 さん よりいただいた体験談です

usi32: 投稿者 霊感主婦 さん 2016/6/6(日) 04:44:44.44 

父が亡くなって一年以上になります。年末で三回忌です。まだ、家の中には気配があります。
父の葬儀に親戚一同を驚かせ、和ませたたプチ事件がありました。怖くない話。


ド年末に父が逝ってしまい、松がとれるのを待たず正月4日から通夜、翌5日葬儀となりました。家族葬で静かにおくりました。
静かなはずだったのです。しかし、目立ちたがりの寂しがりの父。
最後に驚かせてくれました。
バスタイプの霊柩車に棺を収納、親戚一同をのせて出発。マイカー来場の親戚の5台の自動車が続きます。葬儀場を出る時から棺の入った場所がガタガタ鳴っていたのに私は気付いていました。私の座席は最前列。運転席と私の間が棺を収納した場所です。
霊柩車の助手席ドア後ろに小さな正方形の扉があり、そこから棺をナイナイしたのですが葬儀場正門で並んで見送る葬祭スタッフに私が車内から一礼をしたときに、

バィーン!!

大きな音をたてて棺を入れてるドアが全開!?
キキーって急ブレーキで緊急停車。
運転席から葬儀社の社長が慌てて飛び出してドアを閉めて首を傾げていました。
「大変、失礼いたしました。私がドアのロックをかけたのですが、甘かったみたいで申し訳ありません。しかし…おかしいなぁ」
その時閉めた扉が

ドン!

「?」
車内が沈黙に…葬儀社の社長は車の横でフリーズ。
私は目の前の棺を納めてある車体の凸を手で軽く叩いて言いました。
「ドッキリ大成功。全員驚いていますよ、満足しましたか?お父さん。次にもう一回やったらお母さんに怒られちゃいますよ。」
僧侶の叔父が真っ先にくすくすと笑いだしました。
「和さんらしいわ。」
親戚一同に笑いが広がりました。
焼き場に着いてもその話題で皆が盛り上がっていました。父は生前から少しイタズラが過ぎたところがありましたから。

私が撮影した葬儀の写真をみたら白い光が写っていました。葬儀場に父が描いた絵画を展示させてもらったのでその様子を記録として撮影したものです。
きっと絵画を展示したことを喜んでいるのでしょう。


時折、父が愛用していたコロンやヘアリキッドが香ることもあります。
それが庭に出ている時だったり、応接間のピアノの前だったり。私の部屋、仏間も茶の間もあります。
父の部屋や書斎なら不思議はないのですが。
時折浮かぶ顔は笑顔なのでなんだか楽しげ。このままでも今はいいかな?って思っています。


1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【拡散】桜の起源が【 韓国ではない 】ことが正式に報道される!!!

【悲報】卵かけご飯はハゲの原因だった!?

ケンミンショーでねーわと思った自分の地元の情報

うしみつ四コマ更新中