umbz_20090726211959

941: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 01:01:07.70 ID:qBBV+UcO0.net
地元の友人が高校の時に体験したお話。 

友人は県内屈指の野球の強豪校に通っていて、毎晩遅くまで練習に励んでいた。 
強豪校なだけあってか、野球部専用のグラウンドがあり、授業が終わると、学校からちょっと離れたその球場にいつも行っていたらしい。 

校舎から球場までの道のりは草木が生い茂っており、通路以外はほとんど自然状態。 
しかもそれがなかなかの雰囲気を醸し出していて、幽霊目撃証言も多発していたそうだ。 
(自分が聞いた話によると火の玉は鉄板で、中には首の無い武士が馬に乗っているという嘘くさいものまで笑) 

校舎自体も山を切り開いて作った感じで、更に山の奥に行くと、グラウンドがある感じ。 
昼間は近所の老人が散歩してたりするけど、余り人気はない。 

その友人はいつものように練習を終え、部室で着替えを済まし、自転車が置いてある校舎の方まで戻ろうとしていた。 
時刻は夜の十時。 
専用グラウンドにはナイター設備もあるため、この時間まで練習が可能になるのだ。 
そして、友人はこの日、来週に控えた遠征のための荷物整理の当番などもあり、数人で最後まで残っていたらしい。 

作業を終え、部室で管を巻いていたが、さすがに遅くなると明日の朝練に響くという事で一緒に整理をしていた奴らはそそくさと帰宅。 
しかし、友人は道具の手入れを怠らない奴で、スパイクやグローブの手入れをしてから帰ると宣言し、部室にひとり、最後まで残っていた。