1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/02(木) 20:21:43.71 ID:b1dHrT530.net
絶対エイリアンだろ

Uw6wpF0

IqAVYeb

LNg1hjE

5Gj04CN

GUVg5LF

3OGa0I7

ツノゼミ
ツノゼミ科 (Membracidae) は、カメムシ目(半翅目)に属する昆虫の科。世界で約600属3200種が記録されている。日本では16種が記録されている。
分類学的にはヨコバイやセミに近縁である。なお単にツノゼミというと、本科の種の総称、あるいは本科に属するツノゼミ Butragulus flavipes のいずれかを指す。
ツノゼミの多くの種では、その胸部背面に「奇妙で多様な」形態をした「ヘルメット」と呼ばれる構造を持つことで知られる。頭部は垂直方向に扁平で、単眼は2つある。触角は針状で短い[3]。胸部背面には、ツノゼミに特有のヘルメット状の構造をもつが、その形態は種によって変化に富み、烏帽子形、剣形、樹木の枝のような形まで様々である。この構造は、前胸(英語版)が変形して出来たものであると考えられていたが、2011年に、この構造は進化的には第3の翅に相当するものであるとする仮説が、科学雑誌ネイチャーに発表された。
しかし、この論文ではデータの解釈などに問題があり、結果としてその仮説も間違っているという反論がなされている。この反論では、ツノゼミのヘルメット状構造は前胸が変形して生じたという従来の定説を支持している。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ツノゼミ