a0293798_11105692

1: トペ コンヒーロ(庭)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 23:40:56.93 ID:C2e0ZK5n0.net BE:595621929-PLT(51000) ポイント特典
映画に登場するサイコパスについて科学的に検証した「サイコパスと映画」って論文が面白かったのでメモ。
1915~2010年の間に公開された映画から、126人のサイコパス的なキャラを厳選。
臨床心理的に正しいかどうかを検証した風変わりな研究であります。
その結果、もっとも医学的に正しいサイコパス映画に選ばれたのが、以下の4本です。

ノーカントリー
1位はコーエン兄弟の「ノーカントリー」に登場するアントン・シガー。
論文では「もっとも正しいサイコパスだ」との評価を受けております。確かにこれは凄い映画だったなぁ。

ヘンリー ある連続殺人鬼の記録
実在の連続殺人鬼ヘンリー・ルーカスの日常を描いた「ヘンリー」も高評価でした。ドキュメンタリータッチで 淡々と人が死んでいくだけなので、嫌な気分になりたい人以外にはオススメできかねる作品ではあります。

「本作の興味深いテーマは、サイコパスの不安定な混沌とした日常生活だ。
すなわち、ヘンリーの考えなしな行動、極端な共感力の欠如、貧しい感情、無計画な行動である」(サイコパスと映画)

ラブリーボーン
「ラブリーボーン」は、14歳で殺された少女が天国から家族を見守る感動作……なんですが、
殺人鬼ジョージ・ハーベイの描写がガチで怖くて後を引く一作。

「ハーベイは、シガーやヘンリーよりも社会に適応したサイコパスだ。立派な一軒家に住み、
周囲との社会生活も良好。どこにでもいる普通の男にしか見えない。
しかし、その実態は倒錯した性犯罪者だ」(サイコパスと映画)

ウォール街
「社会的に成功したサイコパス」を描いた数少ない作品の1つとして評価されたのが、
マイケル・ダグラスが血も涙もない投資家ゴードン・ゲッコーを演じた「ウォール街」。
2007年の世界金融危機のあとから、「成功したサイコパス」に関する研究が盛り上がっているんだそうな。

http://buzz-plus.com/2014/09/27/psychopathy/


ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ノーカントリー

『ノーカントリー』(原題: No Country for Old Men)は、2007年製作のアメリカ映画。コーエン兄弟製作のスリラー映画。アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬取引の大金を巡って凄惨な殺戮劇が繰り広げられる。

あらすじ
舞台は1980年のアメリカ合衆国テキサス州西部。凶悪化する犯罪を憂える保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)の語りを背景に、脱走した殺し屋アントン・シガー(ハビエル・バルデム)が殺人・強盗を繰り返すシーンから物語は始まる。
一方そのころ、銃を持ってプロングホーンを撃ちに行ったベトナム帰還兵ルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は偶然にも殺人現場に遭遇する。状況からすると麻薬取引がスムーズに進まず、途中で銃撃戦に発展したようだ。死体の転がる中を歩くモスは、麻薬を積んだトラックの運転席で息も絶え絶えになっているメキシコ人を発見する。いろいろと質問するモスだが、相手の言う言葉は「アグア」(スペイン語で「水」の意)のみ。
その後、モスは事件現場から少し歩いたところにあった男の死体から札束の詰まったブリーフケースを発見し、自宅に持ち帰る。その夜、運転席で苦しんでいた男のことが気にかかったモスは水を持って現場に戻るが、不運にも戻って来たギャングたちに発見されてしまう。
命からがら脱出したものの現場に置き去りにした車から身元が割れ、モスは金の発見を請け負ったシガーに追われる身となるのだった。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ノーカントリー

ラブリーボーン [Blu-ray]

ラブリーボーン

『ラブリーボーン』(原題:The Lovely Bones)は、2009年のアメリカ・イギリス・ニュージーランドの合作映画(日本では2010年公開)。原作はアリス・シーボルドの小説『ラブリー・ボーン』。

あらすじ
1973年、雪の降る12月のある日のことだった。14歳のスージー・サーモン(魚の「サーモン」みたいな名前と彼女は言っていた)は学校から家に帰る途中、トウモロコシ畑の中に穴を掘って作った地下の隠れ家に誘い込まれた。そこで彼女は残忍にも殺害されてしまう。連続殺人の新たな犠牲者となったスージーは、その男を知っていた。それは近所に住む男、ハーベイだった。
スージーは、天国から家族や友人、そして犯人の人生を見届ける。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ラブリーボーン

ヘンリー ある連続殺人鬼の記録 コレクターズ・エディション [DVD]

ヘンリー ある連続殺人鬼の記録
300人以上もの女性を殺害し、アメリカ犯罪史に大きな傷跡を残した実在の殺人鬼ヘンリー・ルーカス。彼の日常をただ淡々と描いたこの映画、製作当初、ホラー映画を望んでいた映画会社がオクラ入りにし、その後、4年間陽の目を見ることがなかったという“いわくつき”の作品。

ウォール街 1&2 ブルーレイパック(2枚組)(期間限定出荷) [Blu-ray]

ウォール街
『ウォール街』(Wall Street)は、1987年公開のアメリカ映画。出世願望の強い若手証券マンと、冷酷かつ貪欲な投資銀行家の物語である。

あらすじ
バドは証券会社のサラリーマン。証券営業をしていたが、貧しい生活に嫌気が差し出世を夢見ていた。
ある日、バドは営業活動の一環として投資銀行家であるゴードンのオフィスを訪れる。ところがゴードンの会社は既に専属のディーラーがいて、バドが提供する情報に興味を示さない。バドはふと航空会社ブルースター・エアラインの労組幹部である父親から聞いた内部情報を漏らす。するとゴードンは興味を示し、バドは彼から証券売買注文を取ることに成功する。
インサイダー情報の提供を見返りにゴードンとの取引を成功させたバドであったが、ブルースター・エアライン以外のインサイダー情報は持っていない。バドはゴードンとの関係を保つため、スパイ活動によるインサイダー情報の収集を行いゴードンへ提供する。
二人の関係はより密となり、営業と顧客という関係から、家族に近い関係へと発展していく。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ウォール街 (映画)