b1a36264

●「投稿怪談」として  madotsuki2 さん よりいただいた体験談です

usi32: 投稿者 madotsuki2 さん 2018/5/27(日) 04:44:44.44 
幽霊馬車

 私の母は幼い頃、私にとっての祖母の姉つまり母の伯母(以下、大伯母)のところへ預けられていました。大伯母の家はつい10年前までも家の庭で鶏や豚、牛を飼っていたほどの田舎の村でした。
 張芸謀監督の映画「初恋のきた道」をご覧になったことはあるでしょうか。ちょうどあのような暮らしです。
 当時は村のほとんどが家の家畜や畑で自給自足といった生活でしたが、最低限の生活用品や現金を得る為に、数ヶ月に一度家で採れた野菜や果物を持って歩いて半日程かかる距離にある隣町の市場まで行っていました。
 これは大伯母とまだ幼かった母が二人で市場まで行った日の帰りに起こった出来事を、母から聞いたものです。
 その日もいつも通り市場で野菜や果物を売り日用品の調達も終わり、大伯母と母は歩いて村への帰路についていました。村へ戻るには大きな雑木林を抜ける必要があり、一応隣町とのライフラインになっていた為、整備こそされていないものの、馬車や荷車が通るには充分な獣道があったそうです。
 雑木林を抜けているときには既に夕日が沈みかけ、ちょうど逢魔が時と言った頃合いでした。辺りは薄暗く葉擦れが聞こえ、空を仰ぐと黒い木々のシルエットの間から薄暗い空が見える、そんな景色、子供の頃の記憶に無いでしょうか。
 「暗いねえ」と母。
 「そうだね、早く帰ろうね。」
 そんな会話をしながら二人は手を繋ぎ歩いていたそうです。
 ふと、母は今まで歩いて来た方から馬車の音が聞こえたそうです。馬車と言っても簡素な荷車を一匹の馬が引いているようなもので、その馬の足音と荷車の車輪の音が背後の遠くから聞こえて来ました。
 「あ、馬車だ!馬車が来たよ!」母は大伯母に言いましたが、大伯母は黙っていました。
 次第に馬車が近づいてきて、馬の足音、荷車の車輪の音、それらに加えて御者のおじいさんでしょうか、「おぉーぃ!オォーィ!」という掛け声と共に馬に鞭を打つ音まで聞こえて来ました。
 「ねえ、お母さん(母は祖母のもとへ戻るまで大伯母が母親だと思っていたそうです)、馬車が来たよ。もう遅いし、乗せてもらおうよ。」
 母は大伯母に声をかけましたが、母の声が聞こえないのか、相変わらず黙ったまま歩いています。
 そのうちに馬車は段々と近づき、遂には大伯母と母の真横を抜き去って行きました。馬車が二人を抜き去る際に見た御者のおじいさんの顔を母は未だにはっきりと覚えているそうです。
 「あーあ、馬車行っちゃったよー。乗せてもらえば良かったのに。ねえどうして乗せてもらわなかったの?」駄々を捏ねる母に大伯母はやっと口を開きました。
 「いいから黙って歩きなさい。」
 大伯母はギュッと強く母の手を握ったそうです。
 その夜、大伯母はいつもより早く母を寝かしつけたそうですが、なかなか寝付けなかった母はトイレに行く為大人たちが集まっていた広間のそばを通ったとき大伯母が話す声を聞きました。
 「今日、雑木林で母子が幽霊を見た。馬車が来たと言っていたけれど、私には何も見えなかったし聞こえなかった。喋ってはいけないと思い、母子を引っ張って帰ってきた。」
 そのとき母は初めてあの馬車は自分にしか見えていなかったことに気がついたそうです。まだ幼かった為か、恐怖心もなく、今でも怖いと思っていないようです。

以上、零感で怖い話大好きな自分が同じく零感の母に怖い話聞かせてくれとしつこくねだり、唯一、そういえば、、、と思い出して語ってくれた不思議体験でした。
ありがとうございました。




no title