no title

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/07/02(月) 16:32:53.37 ID:7Oj7Y9Qh0● BE:887141976-PLT(16001)
ここ数ヶ月の間、原因不明の腹痛と体重の増加で悩まされていたアメリカの女性が22.7kgもの卵巣腫瘍を除去する手術し無事成功した。
カイラという30歳の女性は「息切れで車まで歩いて行くのさえ困難」と語っており、医者からは減量するように薦められていた。

更に街中を歩くと「妊娠したんですね」と言われ、謎の腹痛から9ヶ月が経つと「双子ですか?」とまで言われることもあったという。

今年の5月になると痛みが深刻になり、倒れてしまった女性。母親がアラバマ州モンゴメリーにあるジャクソン病院に連れて行き、検査したところ卵巣から大きな固まりが発見された。その固まりは腫瘍で、すぐに手術が必要とのことで至急手術を行った。

医師は卵巣から50ポンド(約22.7kg)もの腫瘍を取り除いた。担当のグレゴリー・ジョーンズは、「私が今まで見た中で最も大きかった」と語った。

腫瘍を摘出した女性は1年前に着ていたドレスを再び着ることができたと語った。

※モバイク無しは自己責任で
http://gogotsu.com/archives/41208

うしみつ注:クリックで開きます。閲覧注意
no title

no title