no title

1: 名無し募集中。。。 2018/07/28(土) 19:28:54.72 0
橋北中学校水難事件

橋北中学校水難事件(きょうほくちゅうがっこうすいなんじけん)または津海岸集団水難事件(つかいがんしゅうだんすいなんじけん)は、1955年7月28日に三重県津市の津市立橋北中学校の女子生徒36人が、同市中河原海岸(文化村海岸)で水泳訓練中に溺死した水難事件。
当時の新聞(朝日新聞、毎日新聞)の見出しには、「津水死事件」「集団水死事件」「津の女生徒水難事件」「津の中学生水難事件」、週刊誌では「津海岸集団水死」(週刊朝日)、また「津海岸女生徒水難事故」(判例時報、446)、ネット上では「津海岸水難」(毎日フォトバンク)、「三重県津市の橋北中学校の生徒の水難事件」(衆議院会議録情報 第022回国会 法務委員会 第44号)[1]といった名称が見られる。


no title
事故の現場となった中河原海岸(2006年9月)

no title
事件1年後に建てられた「海の守り」女神像

https://ja.wikipedia.org/wiki/橋北中学校水難事件