no title

1: 風吹けば名無し 2018/08/29(水) 07:57:33.42 ID:loyoxwm2d
昔の人はあれで何を教えたかったのか全く不明
教訓もなくただのイジメでしかない
かちかち山
かちかち山(かちかちやま)は、老婆を残虐に殺したタヌキを、老爺に代わってウサギが成敗する日本の民話。題名の「かちかち山」とは、タヌキが背負った柴にウサギが火打石で火をつけようとした際、石の音を怪しんだタヌキに対して答えたウサギの言葉によるといわれる。江戸時代には「兎の大手柄」とも呼ばれていた。
 江戸時代に五大昔話と言われて人気のあった『さるかに』『花咲爺』『かちかち山』『舌切雀』『桃太郎』はいずれも、質素倹約、勧善懲悪の物語である。
勧善懲悪の『桃太郎』なども、村から財宝や娘を盗んだ鬼であるにもかかわらず、鬼は何も悪くないのに成敗されたとして鬼に感情移入してしまう読み方があるが、同様に、かちかち山においてもウサギに懲らしめられるタヌキが気の毒であると読む人もいる。そこで、江戸時代には、タヌキに同情すべきところはないとするために、タヌキが懲らしめられるシーンの一部を削ったものが存在する。江戸時代後期の帆足万里は『記翁媼事』で、第三部のうちタヌキが火傷をさせられるシーンを省いている。媼を殺して翁に媼入りの羹(とろみのあるスープのこと)を食べさせてまんまと逃げたタヌキ、それに続くのは、タヌキがケガをして寝込んでいたらウサギが医者としてやってきた、というシーンである。「かちかち山」の題名の由来になるはずの火打石でかちかちという行動も台詞も、もちろんまったくない。


https://ja.wikipedia.org/wiki/かちかち山